スタプリ映画感想とネタバレ!評価は感動的で面白いという声が多い!

スポンサーリンク

久しぶりのシリーズ単独映画となるスタプリ映画は、未確認生命体ユーマとの絆と成長の物語です。

映画を見た感想やネタバレ、見た人たちの評価はどうだったのでしょうか?

ご覧ください!

映画スタートゥインクルプリキュア星のうたに想いをこめての概要

引用元:アニメ!アニメ!

こちらの映画の概要は、まずひかるとララが、ちいさな星のような異星人に出会います。

生まれたての異星人は、ひかるによって未確認生物を意味するUMA(ユーマ)と名付けられます。

ユーマは言葉は通じませんが、ひかる達と一緒に行動していくうちに、だんだんと成長していきます。

楽しく過ごしていたひかる達とユーマですが、宇宙から悪いハンターがやってきて、ユーマをさらおうとします。

実はユーマは、いつか本物の星になる希少な存在で…?

スタプリ映画の感想はこちら!

引用元:アニメ!アニメ!

プリキュア映画というと、ターゲットが子供となってくるため大人は退屈してしまうのではないかと思いがちですが、今回の映画は大人も楽しめる内容でした。

もちろん、子供も楽しんで観ることができます。

小さくてかわいらしいユーマとの出会い、そしてナスカの地上絵やウユニ塩湖などの、世界にある不思議できれいな場所やモノなどが、美しい作画で描かれています。

スポンサーリンク

そして大人も子供も見て楽しめるのが、プリキュアたちの12星座ドレスです。

映画版ではプリキュアたちが特別なフォームになりますが、今回は12星座分なので、普段よりも衣装が多いので見る方としてはお得というわけですね。

引用元:YouTube

ユーマとの出会いや宇宙ハンターたちとの戦いなど、見所満載です。

映画の主役がララというところが、従来のプリキュア映画では見られない珍しい演出なのも印象的でした。

作画もストーリーもとても楽しめる、面白い映画でした。

スタプリ映画のネタバレはこちら!

引用元:アニメ!アニメ!

ユーマは、一緒に過ごした人の影響を受けやすい存在です。

ひかるやララと楽しく穏やかな日々を送っていたところに、悪い宇宙ハンターたちが訪れます。

ユーマの正体は、やがて星になる星の種、スタードロップだったのです。

プリキュアに変身して宇宙ハンターは倒しましたが、ララはユーマと離れることを拒否します。

そして、隙をついて逃げ出した宇宙ハンター・バーンにユーマがさらわれかけた時、バーンの強い悪意にさらされて影響を強く受けてしまいました。

結果、ユーマは地球を飛び出し、悪い星になりかけてしまいました。

バーン達以外の宇宙ハンターも現れ、悪い星になりかけたユーマを手に入れようとします。

ユーマは宇宙ハンターもプリキュアもおかまいなしに攻撃を始めてしまいました。

ララは、一緒にいたいと願ってしまった自分のせいだと言いますが、ひかるは、一番大切なのはユーマ自身の気持ちだと言います。

ユーマを悪い星にさせないため、ひかるとララはユーマの星に降り立ち、ユーマに必死で語りかけます。

うたが好きなユーマのため、ひかるとララ、そして星に降り立ったまどかやえれな、ユニも一緒になって歌います。

歌っていると星がだんだんおだやかな姿になっていき、最後は落ち着きを取り戻しました。

ユーマは人型まで成長し、最後にララにお別れを言って、旅立っていきました。

スタプリ映画の評価は感動的で面白いが多い!

引用元:アニメ!アニメ!

今回のスタプリ映画は、Twitterなどの評判もよく、傑作と言われています。

スポンサーリンク

涙腺がやられる、大人でも泣いてしまう、と感動するという評価も多いです。

久しぶりの1シリーズの単体映画となったわけですが、ストーリーとしてもしっかり面白く仕上がっており、大人も子供も楽しめる作品になっています。

子供の視点と大人の視点では作品の捉え方が違ってくるかもしれませんが、そこも含めて評価されています。

ユーマとの出会いや別れ、多様性、そしてタイトルにもなっている歌が特に評価が高いです。

プリキュアと言えば歌とダンスですが、今回はその歌とダンスの演出方法が特によかったとの声が多かったです。

劇中、童謡としてひかるとララが歌っている「ながれぼしのうた」から入る映画主題歌「Twinkle Stars」が切なくも美しく、心にジーンと染み渡る素晴らしい出来になっています。

プリキュアみんながユーマの事を想って歌った感動的な歌でした。

スポンサーリンク

コメント

  1. イクタモン より:

    こんにちは。
    好評で何よりです!!
    グーグル評価は何だか例年に比べて芳(かんば)しくなかったのでせめて映画でも好評だっていう声を聞いただけで一安心です、スタプリファンとして。
    この映画は、あるサイトをして、「子供達への未来への理想と希望をうたった映画」らしいです。プリキュアがこれからもずっとそうあって欲しいと願わずにいられません。

    • プリ夫 より:

      イクタモンさん、こんばんわ!

      そうですね、最近は子どもに対して暗いニュースが多いので、これからもプリキュアは子どもたちものであってほしいですね(^^

      • カノン より:

        すみません。「子どもたちもの」じゃなくて「子どもたちのもの」にした方が
        いいと思います。まあプリキュアでも何でも大人も子供も皆楽しめればいいんで
        しょうけど。10月に6人目のスタプリが出るかなと思ったけどそうでもなかった
        ですね。では11月か12月に6人目が誕生&2度目のパワーアップとかやるのかな?
        まあわからないけど。それでは失礼しました。

  2. ほのうみ より:

    今晩は。

    今回のスタプリ映画、好評で良かったですね。

    イクタモンさんの言う通りですね。

  3. カノン より:

    私はいちいち見に行くのが面倒なので動画で見ようと思います。映画の主役はララです
    か。でもスタプリの主役はひかるなので映画の中心となるのはひかるとララなんで
    しょうね。別れは辛いけど残念ながら色々と事情があるのでずっと一緒にいることは
    できない。ララはユーマが悪くなったのはずっと一緒にいたいとワガママを言った自分
    のせいだと自分を責めたそうですね。でもひかるが一番大切なのはユーマ自身の気持ち
    だと言い励ましたそうですね。最後は何とか無事に収まったようでよかったです。
    そういえばテレビの方ではバケニャーンのことがわかりました。これまたそういえば
    ユニはキュアスターにも化けたことがありましたね。パフュームを使えばいつでも
    変装したり元の姿に戻れたりしますね。それと11月?いいえ12月に6人目登場&2度目の
    パワーアップがあるのかな?まあわからないけど映画では映画だけのパワーアップが
    ありましたね。まあこれまでもそういうのはあったけど。それでは失礼しました。

  4. SATOSHI より:

    この映画は、2回観ました。ゲスト声優が、知念里奈さん、えれな、まどかが、修学旅行で沖縄県に行った場面もありました。
    沖縄県は、首里城が火災になってしまったことは、残念でしょう。
    敵は、ユーマを標的にしましたが、一人は、京都弁でした。
    最後に、来年の映画の告知がありました。
    来年も3世代が出演します。

    • プリ夫 より:

      修学旅行で沖縄というとフレプリを思い出しますね
      首里城はフレプリにも出てたので個人的に残念ですね…沖縄の人たちも残念な気持ちでしょう。