スタートゥインクルプリキュア(スタプリ)最終回第49話感想ネタバレ ラスボスはひかるパパ!?

スポンサーリンク

毎週恒例のプリキュア視聴感想です(・∀・)

本日でいよいよ最終回!あっという間の1年でしたねー
最終回は個人的に王道をいって最後にあっと驚く展開に…

それではスタートゥインクルプリキュア(スタプリ)第49話感想ネタバレをご覧ください!

スタートゥインクルプリキュア(スタプリ)最終回第49話「宇宙に描こう!ワタシだけのイマジネーション☆」

引用元:スタートゥインクルプリキュア最終回

いよいよスタプリも最終回!ユニちゃんは女王を石化から戻し、ララちゃんも自分の惑星サマーンに戻って仕事を再開しました。

サマーンではララちゃんを真似て徒歩が流行ってるとか(笑

これはしばらく会えないのかなーと思ったら…

何とめちゃめちゃ早く再開(゚д゚)!

話を聞いてる限りだとこの秋にえれなさんが留学するということで、春休みぐらいですかね?

何はともあれ早めの再開となりました(^^;

フワも成長した姿に戻ってるし…これはちょっと意外な展開でしたねー

ちなみにララちゃんが地球にきた理由はひかるちゃんを地球に返す時にガルオウガさんがノットレイのマスクを落とし、これを被るとノットリガー化してしまうからだそうです。

スポンサーリンク

ガルオウガさん最後に何やってんの(笑

そして来週から始めるヒーリングっとプリキュアから花寺のどかちゃんも登場!

この最終回に次回の主人公が登場するというのも恒例になりましたねー

今回はノットレイのマスク探しの際にたまたま出くわした感じです(^^

そしてノットレイのマスクをまどかパパが発見し、それをひかるパパが好奇心で装着するという展開(;´∀`)

フワが戻ってきたひかるちゃんたちは変身できるということで、これで最後の変身です!

そして最後はキュアグレースも助っ人に…ここも最近のプリキュア王道の展開ですね(^^

個人的には戦闘シーンも迫力があったし、非常によかったと思います!

戦闘が終わると…なにやら白くなって…

※読者さんの話だとここまで夢オチということでした。大人になったひかるちゃんが見た夢ということですね!

ひかるちゃんが大人に(゚д゚)!

…と言ってもこれは最近のプリキュアでは恒例になっているのでそこまでは驚きませんでしたが(^^;

どうやらひかるちゃんは宇宙飛行士になったみたいですねー

読者さんにも宇宙飛行士になるということを予想している人がしましたが、見事ビンゴです(^^

さすがに大人+宇宙飛行士ということで短めの髪型ですね。宇宙飛行士なるとは…やっぱりひかるちゃんは頭よく運動もできるんですね。

最終回までイマイチ掴めませんでした(笑

そしてこれが大人になった面々です。

えれなさんは通訳、まどかさんは宇宙船開発者、そしてララちゃんとユニはそれぞれ自分の星で働いているようです。

途中大人になったアイワーンちゃんがありましたが、ちょっと怖いですね(笑

今はユニちゃんと和解し、惑星レインボーで発明家をしているそうです。

スポンサーリンク

アイワーンちゃんの開発力すごいですもんねー

ひかるちゃんが宇宙飛行士になってまどかさんの開発した宇宙船にのり、そしてアメリカの大統領が日本初の有人ロケットのコメントしその翻訳をえれなさん…。

何とも最後みんな繋がってますねー

そして敵幹部であるカッパードさん、テンジョウさん、ガルオウガさん!

変わってねー(;´∀`)

河童とか天狗がモチーフだから年はとりにくいのかな?

そして最後は宇宙船に乗ったひかるちゃんが宇宙でララちゃんとフワの声を聞き「きらやばー」と言って終わりましたね。

ラストはわかりませんでしたが、最後は視聴者の想像におまかせしますパターンですね。

スポンサーリンク

王道な流れが多かったですが、個人的にはいい最終回でした!

そしてスタプリ自体も王道ながら飽きることな見れた名作でしたね、非常に面白かったです(^^

最初は15周年ハグプリの後だからちょっとだけ心配してたんですけどね(笑

そして恒例の引継ぎも行われましたね。スタプリ恒例のラッキー星座も一緒にやったんですが、最後はみんなラッキー(笑

まあ、最後だからいいでしょう!

次回はいよいよヒーリングっどプリキュア第1話

 

そしていよいよ来週はヒーリングっとプリキュア第1話です(^^

スタプリとの別れが寂しいですが、来週からの新シリーズに期待しましょう!

コメント

  1. イクタモン より:

    おはようございます!
    想像以上の彼方へ行った最終回でした!!(理由は後述)

    まさかね……、かつてネットで噂されていた、
    「ラスボスはひかるちゃんの父親説」が、
    こんな形で実現するとは…………。
    しかもガルオウガさんのドジが原因、マスクを前後逆に付けるという抱腹絶倒の展開でしたwwwww最後に笑わせに来るとは……………流石スタプリ。
    勿論のどかちゃん―グレースさんとの共闘は予想通りでしたが、コンビネーションが凄く巧い、最後まで飽きさせない、いい戦いぶりでした。
    ……と思ったら時間が逆戻り?これって映画宣伝?それとも夢オチ?!

    ……未来でした。

    フワの力に頼らず、自分から宇宙を旅する選択をしたひかるちゃん。
    みんな大人になって、元気に暮らしていました。そう、かつて「ノットレイダー」として暗躍していた方々も。さて、髪型がひかるちゃんがマッシュルーム、ララちゃんがツインテールと、かつてのそれと対称になってました。

    そして訪れる、想像以上のラスト…………

    …………

    …………?!

    ……………終わり?!

    ……………はい、そこで終わりました。
    まさにその時、1年間叫ばれ続けた「イマジネーション」が、第4の壁を超えて、
    我ら視聴者に委ねられた瞬間でした。

    「スター☆トゥインクルプリキュア」総括:
    「傑作」

    今作はちょっと軽い気持ちで観ようと思ったら、想像以上に面白かったり、ときには黒かったり悩ましかったり、さらに驚天動地、絶体絶命な話も混じっていました。特にひかるちゃんの無知やララちゃんの境遇、そして星空界の真実が描かれた回はドギマギが止まりませんでした。だけど、見事それを解決し、次へ進んでくれましたよ。ただ、ユニは、それほど思い入れはないとはいえ、もうちょっと描いてほしかったところ。

    未来をつなぐため、
    想像以上の彼方へ行くため、
    まだ癒えぬ世界を救うため、

    よろしくお願いします、プリキュアの皆様。

    ………そう言いたいです。

    おまけ:
    “precure”の“pre”は「前に戻す」から、
    「前へ進む」となったようです。

    あ、スミマセン、4月からはデジモンがまた始まるので不定期になっちゃいそうです。
    それでも日記代わりに感想を述べる無礼をお赦し下さい。

    • プリ夫 より:

      あの戦闘は夢だったんですね、言われて気づきました^^;

      そう言われると髪型逆になってましたねー

      私個人的にも傑作と言ってもいいと思います!
      王道ながら非常に面白い展開でした(^^

      いえいえコメントはいつでもお待ちしていますので、ご遠慮なく!

  2. 西鉄6000形 より:

    おはようこざいます。
    とうとうスタプリが終わりましたね。
    来週からヒープリが始まります。
    スタプリメンバーとその制作スタッフさん、
    本当にお疲れ様でした。

  3. 西鉄6000形 より:

    追加のコメントです。
    やっぱりひかるちゃんも宇宙飛行士になれたから
    勉強運動ともにまずまずといったところですね。100満点では70点あたりかな?
    宿題提出が遅れたところで抑制されると思いましたが。得意な理科を筆順に平均よりやや上だからプリ夫さんもひかるちゃんの評価を◯評価にすればどうですか?

    • hts より:

      まあ宇宙飛行士になれるくらいだから少なくとも理系科目に関しては問題なくできるのでしょうね。そして多分彼女が本来苦手としていた文系科目に関しても宇宙飛行士の場合は理系職業の中では医者と並んで文系的能力(≒コミュ力等)も要求されるからこちらは克服といったところでしょうか?

    • プリ夫 より:

      西鉄さん、こんにちわ!

      そうですね、スタプリスタッフにお疲れ様と言いたいですね(^^

      個人的には勉強、運動両方○でいこうかなーという感じですb

  4. hts より:

    ちなみに今作のラスボスはやはりへびつかいさんでいいと思います。例の親父さんに関しては夢オチなのでノーカンかと。

  5. SATOSHI より:

    遂に最終回ですが、ひかるの父親が覆面を被り怪物になり、キュアグレース登場、戦いの場面は、OPの5人バージョンが流れました。
    更に、ひかるが宇宙飛行士になり、宇宙に到達した場合で終了しました。
    最後は、スター~グレースに引き継ぎ、エンドカードは、全員集合でした。

    • プリ夫 より:

      SATOSHIさん、こんにちわ!

      王道ながら良い最終回だったと思います(^^
      五人OPもよかったですねー

  6. 亀ちゃん より:

    皆様こんばんは
    今日はスター☆トゥインクルプリキュアの最終回からリュウソウジャ―までリアルタイムで続けて視た亀ちゃんです!!
    ちなみに(キラッと)プリ(ティー)チャン(ネル)はリュウソウジャ―が終わり次第、私の最寄りのイオン系スーパーマーケット・ビッグに行くことになったので、録画したDVDで観た亀ちゃんでもあります!!

    >最終回のスター☆トゥインクルプリキュアは
    星奈 ひかるのおじい様が「ひかるはどうした?」のセリフにシックリ着ました
    私が90代の時に生まれた大和撫子風のご先祖様が女子高生になる前に結成された美少女軍人部隊・アースターエンジェルの時が懐かしく感慨深さがあります
    メガタウロスという風来のシレンGB2に登場するタウロス系最強のモンスターが東京の街中を破壊している時に、アースターエンジェルが5人ぐるみで駆けつけるとそのメガタウロスがモンスター語で「もう1人のアースターエンジェルはどうした?」と駆けつけたアースターエンジェル全員に聞き求めつけます
    これは東京都練馬区の会社・ブロッコリーに郵送させてもらった手書きの小説の中でこのセリフがあるのです!!
    だから感慨深さがあります

    >フワも
    星奈 ひかる達に「変身フワ」と口にします
    ちなみにキュアベースボールギャンブラー達・ギャンブラーズプリキュアも、ヴァリアス・ホワイトソックスも妖精が「変身(妖精特有の語尾)」と声を掛けてくれることで変身出来るシステムになっています
    その一方でキュアヴァリアスとキュアホワイトソックスの場合、妖精の掛け声はむろん、変身アイテムもセットでないと変身することが出来ません!!
    ですから今度2人一組以上でないと変身出来ないプリキュアが本編に新登場する場合、いくら変身アイテムを持ち合わせていても、妖精が声をかけてくれないと変身出来ないプリキュアの放映が楽しみですね!!☆☆♪

    >ララも
    誰かが知らずに被ったら危険ルンというセリフにシックリ着ました
    これは宇宙の軍人美少女アニメ・ギャラクシーエンジェルの4期の第25話にて、双子部隊のインテリ兄貴(厳密にはインテリお姉さん)が大和撫子風の美少女である後輩に対してデスノート型のロストテクノロジーのことになると「誰かが使ったら大変だ!」と忠告します
    このモジったセリフだと思うと感慨深いですね

    >ゲゲゲの鬼太郎では
    キュアベースボールギャンブラーが女子寮の寮長(キュアバドミントンギャンブラー)に対して「菜摘先輩(センパイ、キュアアイドルギャンブラー)が(女子寮の)寮長にバドミントンで勝つためコーチになっていたのはさゆりさん(キュアホワイトソックス)だったってことですよ」というモジったセリフがあり感慨深かったですね

    >リュウソウジャ―は
    マスターブラックがリュウソウブラックに対して「トワ(リュウソウブラックの弟にしてリュウソウグリーン)はどこだ?」というセリフがあってシックリ着ました
    私はアンパンマンにてバイキン草によって洗脳されたロールパンナが食パンマンとカレーパンマンをいたぶった後「アンパンマンはどこだ!!?」から始まったモジったセリフだと思うと感慨深かったですね
    フレッシュプリキュアにて突然の突風の第1弾が第7話であり、大人だからこそ見ても閲覧が許される個人経営のプリキュアサイトにも「祈里(ブッキー)はどこだ」という言葉もあります
    それからハートキャッチプリキュアでもダークプリキュアが「月影 ゆりはどこだ」と続いて、プリキュアでも再開して欲しいセリフですね

    >プリチャンでは
    主人公の桃山 みらいが「来てくれるよ」とりんかの話をつなげては「だって、虹の咲さんがあんなに2人で話し合いたいっていってるんだもん」というセリフにシックリ着ました
    プリキュアオールスターズのみらいのもとだちにてあゆみ(キュアエコー)がフーちゃんとの対話で「あゆみ。お母さん嫌い?」→「嫌いだよ。だって…私の気持ち全然わかってくれないんだもん」のモジったセリフだと思うと感慨深いですね
    それから萌黄(モエギ)えもも「見た目はエモいのに…やってることは全然エモくない!!」とセーラー服からセラブル姿(セーラーとブルマ)になる動画にて、「言ってることはわかるけどやってることは意味不明」の視聴者コメントのモジったセリフであると思うと感慨深いですね

    >で、イメチェンした今回の主役は
    「なんでこんな姿になったかなどはわからない」
    これは遊戯王ヴレインズにて主人公のプレイメーカーが知りたい情報のことになると、土のイグニスは自分がデュエルで負けて、「そのことはわからない」としか言いようがないというパターンの再現だと思うと感慨深いですね

    >今週の木曜は
    香川県に行きました
    綾川のうどん屋はやっぱりジャガ芋を揚げたサイドメニューが美味かったですね
    私がインターネットで見つけたご当地スーパーマーケットでは2日後が消費期限・賞味期限のパンが3割引きで売っていてお母様にはうれしい誤算でした!!☆☆♬
    夕食は岡山に戻って倉敷市玉島の廣珍(こうちん)ではお母様が注文したあんかけ御飯がやっぱり美味かったです!!☆☆♬
    その中華料理店ではご飯系が美味いと感じたワケですが、冬季限定のあんかけご飯だと確認することが出来ました!!☆☆♬

    >今年の春休みの甲子園の出場校は
    21世紀枠も含めて九分九厘予想通りですね
    もっとも21世紀枠にて北海道の代表推薦校が春休みの甲子園初出場は完全に予想外でしたが(笑)

    • プリ夫 より:

      亀ちゃんさん、こんばんわ!

      ひかるのおじいちゃん、おばあちゃんも長生きでしたね(^^

  7. あさり より:

    プリ夫さんこんにちはあさりです(^ω^)
    スタプリ最終回は意外な展開が多くラストは「え!?ここで終わり??」という感じでしたが、全体を通して面白かったと思いますヽ(*´∀`)ノ
    前半はまさかの夢オチ?という展開には驚きました(笑)そうなるとキュアグレースは夢の中で会うという斬新な出会いになることになりますね(´×ω×`)
    後半は大人になったひかるちゃん達が出てきましたね。前回、大人になったひかるちゃんが宇宙飛行士になるというコメントしましたが本当にそうなりましたね(笑)
    ララちゃんはサマーン星に地球の文化を広めたり、ユニちゃんはレインボー星の復興と故郷のために頑張ってましたが、まさかアイワーンちゃんまで大人に成長するとは驚きました。私も大人になったアイワーンちゃんは正直何とも言えないですね(;・∀・)カッパードさん達やトッパーさんは変わらないですが( ̄▽ ̄;)
    えれなちゃんは本編でも宣言した通り通訳になり、まどかちゃんは留学を選ばすロケット開発プロジェクトリーダーという驚きの職業になりましたね。個人的には冬貴さんが総理大臣になった事ですね。父娘揃ってエリートになりましたね(笑)
    あと大人になったひかるちゃんとララちゃんはお互いを意識してるのかひかるちゃんは髪にメッシュ、ララちゃんはツインテになっています。2人の友情は永遠ですね(´;ω;`)
    ラストでひかるちゃんが涙を流して見た光景が何なのかは謎ですが、ハグプリ最終回(はぐたんの父親は誰だったのか?)同様視聴者のご想像にお任せしますというスタッフからのメッセージだと思います。
    1年間スタプリを楽しめてよかったです。ヒープリもどんな作品になるのか楽しみですヽ(*´∀`)ノ

    • プリ夫 より:

      あさりさん、こんにちわ!

      前半の夢オチ後から気づきました^^;
      そうですね、宇宙飛行士見事に大当たり、見事です!

      大人になったアイワーンちゃんはちょっと怖かったですね^^;

      髪型交換言われるまで気づきませんでした、宇宙飛行士だから短髪にしたのかなーという認識でしたね(笑
      まどかパパの総理大臣もビックリしましたが(゚o゚;

      最後は宇宙船でひかるララ再開を私は想像してます。個人的に良い終わり方だったと思います(^^

      来週からのヒープリも楽しみですね!…しかし1年早かったです(笑

  8. ことほのうみ より:

    こんにちは。

    スタプリ終わりましたね。

    寂しくなりましたね。まどかさんロスになりまそうです。

    はい。

    最後の戦闘、まさかの夢落ちwwwwwwwwwww

    珍しいですね。夢落ちの戦闘って。

    ひかるさんとえれなさんは宇宙飛行士と通訳になるとは思ってはいましたが、まどかさんが宇宙船開発者・・・。

    ララさんとユニさんは自分達の惑星で働いて、アイワーンさんもユニさんの惑星で暮らしてるんですね。アイワーンの大人版、僕は全く怖く無かったです。

    あの後、アイワーンと完全に和解したのね。

    良かった良かった。王道の終わり方ですね。

    まどかさんの大人版も可愛かったし。

    のどかさんの戦い方は防御がメインかな?

    主役キュアが防御型は初めてですね。

    キュアグレースはフローラに似てますね。

    戦闘の仕方はロゼッタ(ありすさん)の様な感じですね。

    僕が携帯で仕事前に観た感じは。

    本当はスタプリ皆勤賞狙ってましたが、都合もあり出来ませんでした。

    後、此方でのコメントのマナーを学ぶ機会にもなりました。

    ヒリプリは皆勤賞目指します。

    スタプリはキューティーフィギュアを買い始めたきっかけになりましたので。

    ヒリプリでもキューティーフィギュアを買おうと思います。

    プリ夫さん、スタプリの記事、一年ありがとうございました。

    次回のヒリプリも頑張って下さい。

    本当はスタプリ、もっとこうして欲しかったと個人的に思っていることもありますが、言いません。

    我慢します。

    長くなりました、すいません。

    • プリ夫 より:

      ことほのうみさん、こんばんわ!

      どうしてもグレースを出さなくて苦肉の策ってとこでしょうかね→夢落ち
      まさかアイワーンとここまで和解するとは思いませんでしたが(^^;

      主人公が防御メインというのも珍しいですよねー
      どんな戦いをするのか楽しみです(^^

      こちらこそありがとうございます!ヒリプリも皆勤できるように頑張ります!

      我慢してくれてありがとうございます。みんなの使いやすいコメント欄を目指しましょう!!

  9. 夢双 より:

    ひかるは別に学力は高くないんじゃない?さすがに○は高すぎだと思う。ひかるの場合自信だけで宇宙飛行士になれたような気がします。あと夢オチの件ですが的確な根拠がないので書かないほうがいいですよ。

    • hts より:

      いや自信だけではなれるような職業ではありませんが…(←宇宙飛行士)。
      参考URL:
      https://www.dplay.jp/article/0000005098
      はっきりいって理系職の中でも最高難度を誇る職業なのですがそれは(←お医者さんなんかよりも難しい)。

      ちなみに仮に学力が高くないとするのならば逆にBパートを妄想と考えれば一応合理的な説明は付きますが多分それはないと思います。

    • プリ夫 より:

      夢双さん、こんばんわ!

      さすがに宇宙飛行士は自信だけでは無理な気が(^^;
      夢落ちのの件に関しては…まあ、個人の感想なので多めにみてください(;’∀’)

  10. 夢双 より:

    さすがに夢破れたとかプリキュアでは描かないと思います。それに子供向けアニメなので宇宙飛行士にはものすごい能力がいるとかは描かないと思います。もし実際に宇宙飛行士になれる人なら夏休みの宿題しないほどドジじゃないと思いますしね。なんでもハイスペックにするのだけはやめてください。

    • プリ夫 より:

      まあ、アニメの話なので(^^;
      あまり深く考えると疲れてしまうので、そこまで深く考えなくていいかと

  11. hikararalove より:

    Aパートの戦闘、確かに夢でも「全くの虚構ではない」とする余地もあります。
    ひかる、えれな、まどかが地球に帰還してから間もなくの後でAパートの戦闘は実際にあって、それを大人ひかるが夢で再度見たという事です。

    Aパート→ミラクルリープ→年月過ぎてBパート

    以上の順番です。
    フワのワープ能力が消えたのもAパートの後です。

    Bパートでひかるの部屋に、ラテにそっくりな犬のぬいぐるみがあります。のどかや、「ヒーリングっど」一行に出会った証のはずです。何もなしにこんなぬいぐるみがあるとは思えません。

    Aパートの夢が全くの虚構では、自分としては、のどかに出会ったとか、下手すれば「ミラクルリープ」も全くの夢になってしまい、こんなのは忍びないと思いますので。

    夢オチもまた的確な根拠はないとの事で、以上も可能性の一つとしてください。

    「ミラクルリープ」で謎が解かれるといいです。

    • hikararalove より:

      訂正。フワのワープ能力が消えたのは「ミラクルリープ」の後です。これでBパートの状況も、別に矛盾はありません。

      • プリ夫 より:

        hikararaloveさん、はじめまして!

        なるほどーそういう考え方もあるんですね。
        ラテのぬいぐるみは気づきませんでした(^^;

        これを見ると夢落ち以外の可能性もありますねー

  12. hts より:

    ちなみに夢破れたという件ですが一応プリキュアでもはぐがある程度は描いています。というよりはぐの裏テーマが『挫折からの復活』ですからね(表テーマは言うまでもなく育児)。

    • hts より:

      もっともはぐに関してはプリキュアの中では珍しく大人サイドの評判がいいので特異点かもしれませんが、少なくともプリキュア=子供騙しという偏見はやめてください。

  13. 夢双 より:

    とはいえはぐっとでも最後まで夢はかなわなくてアンハッピーだみたいな事は書かれてないでしょ。子供だましというより子供向けだから仕方ないということですよ。なのでこれはひかるのスペックには特に関係ないと思います。

  14. てらさや より:

    こんばんは。スタートゥインクルプリキュアラストを視聴して驚いたのがまどかさんのお父さんが総理大臣になっていた事。アイワーンちゃんが成長し大人っぽくなっていた事。最初の戦闘がまさかの夢落ち。ひかるちゃん宇宙飛行士になっていたんですね。宇宙に向かって飛び立つ時に聞こえて来た声は多分フワの声ですね。ひかるちゃんが感動していたのでそう何じゃないかな?と思いました。えれなは通訳になる夢を叶えていましたね。まどかさんはロケット開発プロジェクトリーダーに皆それぞれの場所で頑張っている見たいで良かったです。いつかひかる達が再会出来る日が来ます様に。スタートゥインクルプリキュア面白い作品だったなあと改めて思いました。

  15. 夢双 より:

    だから夢落ちに的確な根拠はないって言ったじゃないですか。

    • 麻里亜 より:

      夢双さん

      しつこいですよ、最終回が夢落ちだったこととかなにか、まあ、
      こんな最終回いやだっていうように思いますし、ハイスペックスじゃないにしても
      的確な証言がなくても、
      ヒカルの夢として、(そしてその続きは映画で語られるかはわからないけど)
      いつまでもいわないでくださいな

      管理人の言うように深く考えないでください
      まあ子供だましだーとかいうのもやめてほしいものですが、みんなが夢かなってハッピーに終わっているんですから
      子供向けだから、何だからとこれ以上、この最終回のことについてしつこく書かないでください

      的確な根拠がない!というのはあなただけで十分です
      あまりしつこいと あれるので(人それぞれ考え方違うので)

      もう、これ以上この話のことは書かないでください、 お願いいたします

  16. 麻里亜 より:

    もう一つつぶやきますね
    バトンタッチプリキュアはハピネスチャージプリキュアから始まったみたいですね
    成長したプリキュアが書かれるようになったのは GO!プリンセスプリキュアからで、成長して、新しいプリキュアと会うのは魔法使いプリキュアからなんですね、それぞれいろんな出会いがあってバトンダッチして(今回は夢落ちらしかったがそれも素敵)プリキュアの歴史もすごく長くなりましたねー
    今は恒例イベントとしてプリキュアたちの成長、そして新たなる出会い、(先行して登場)はいつ見てもワクワクものですね
    今では最終回の恒例だけどいつも楽しみにしてます

    まあ、人によって、今回のは的確な根拠がないとかいうのはいいですが あんまりしつこく言わないでくださいね? 

    何度も私も言うことはあるけどいろんな出会いがあるんですしだからと言って子供だましだーとかいうのもやめてほしいです

    もう、これ以上ここにそのことを書かないでください、自分はそう思うということで心の中にしまっておいてください
    本当にお願いします 

    • プリ夫 より:

      麻里亜さん

      とりあえず無双さんの麻里亜さんに対する返信は不快にさせる内容なので削除させて頂きました。
      忠告もしておきしたので、これ以上ひどい場合はコメント禁止の処置をとります。

      そうですね、その時期から始まってすっかり恒例となりましたね(^^
      楽しみな反面、マンネリかしないかどうか不安なところです^^;

  17. 夢双 より:

    麻里亜さんやプリ夫さんに聞きたいのですがなぜ僕だけが心の中にしまっておかなければならないのですか?僕は子供だましとか僕はいっていませんしプリ夫さんに言いたいのですが僕はひかるはハイスペックじゃなくても宇宙飛行士になれるといったのにプリ夫さんはそれだけじゃなれないなんて夢のない事をいいましたよね。よく考えてみると夢落ちとかハイスペックじゃないとだめとかはあまりにも夢のないお話だと思っています。プリキュアを作っているひとはこんな話は作らないと思います。何度も言いますがプリキュアはアニメです。是非夢のある考え方をして欲しいなと思います。

    • プリ夫 より:

      私の言ったことは関係ありません。あくまで僕の個人の感想です
      人を不快にする発言を控えてほしいということです。

      一個人を攻撃するような発言はやめてください。