歴代ピンクプリキュア(主人公)のスペック一覧【一番おバカなのは誰?】

スポンサーリンク

本日は先日放送された魔法つかいプリキュア!第14話にて朝日奈みらいちゃんが数学が苦手ということが判明しましたね。

数学以外の成績は良く、運動もできるみらいちゃん。
歴代プリキュアの場合は頭が良ければ、運動がダメ。
もしくは運動神経が良ければ、頭は弱いというのが今までのパターンだったので、
みらいちゃんはそういった意味ではめずらしいタイプのプリキュアですね~

というわけで本日は歴代ピンクプリキュアの運動スペックと勉強スペックを◎・○・△・×で評価し、一覧表にまとめてみました(゚д゚)!
このピンクキュアは頭が良いけど、運動はダメなどすぐにわかるようになっています(^^

そして、その中から栄えある歴代ピンクプリキュア(主人公)のおバカナンバー1も決めちゃおうと思います(笑

それでは、歴代ピンクプリキュアのスペック一覧をご覧ください!

※2019/4/10
HUGっと!プリキュアの主人公・野乃はな(キュアエール)を追加しました!

Contents

歴代主人公・ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック一覧表

プリキュア名 運動 勉強
美墨なぎさ(キュアブラック) ×
日向咲(キュアブルーム)
夢原のぞみ(キュアドリーム) × ×
桃園ラブ(キュアピーチ)
花咲つぼみ(キュアブロッサム) ×
北条響(キュアメロディ) ×
星空みゆき(キュアハッピー) ×
相田マナ(キュアハート)
愛乃めぐみ(キュアラブリー) ×
春野はるか(キュアフローラ)
朝日奈みらい(キュアミラクル)
宇佐美いちか(キュアホイップ)
野乃はな(キュアエール) ×

というわけで、私が独断と偏見で付けたスペック一覧表がコチラ。

こうして表にまとめてみると歴代ピンクプリキュアは運動が得意なプリキュアが多いですね(゚д゚)!
やはりピンクの子は初代のなぎさやスプラッシュスターの咲、スイートの響など活発な子が多いので運動が得意な子が多いということでしょうか。

その代わりなぎさの相方のほのか等のようにパートナーが頭脳明晰なパターンが多いようです。

ピンクプリキュアで勉強が得意で、運動が苦手なのはこうして見ると、ハートキャッチのつぼみのみ(゚д゚)!
ちょっと意外ですね~

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)で一番おバカなのは夢原のぞみ

ということで冒頭でも書いた通り、歴代ピンクプリキュアで一番おバカなのを発表したいと思います!

それは…

プリキュア5&GOGO!の主人公・夢原のぞみさんです!
なんとも不名誉な記録ですが、決してこれはのぞみさんの悪口というわけではありません。

スポンサーリンク

平均点80点のテストで18点をとってしまい、こまちさんに「可愛い点数ね」と言われたり、
一覧表にも書きしたが、スポーツの才能も全くと言っていいほどなし。

とにかく得意なことが何一つないと言っても過言ではないのぞみさん。

ということで、ピンクプリキュア(プリキュア全員と言ってもいいかもしれません)の中で一番おバカなのは、文句なしに夢原望のぞみさんでしょう!

ちょっとこれだとのぞみさんの中傷記事になってしまうので、次ページ以降の私の各ピンクプリキュアたちの評価でしっかりとフォローしていますので、のぞみことキュアドリームファンの方はそちらの見て頂けると幸いです(^^;

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 美墨なぎさ(キュアブラック)

運動 ◎ 勉強 ×

ということで、ここからは私が各ピンクキュアのスペックについて解説していきたい思います。まずは初代・マックスハートの主人公こと美墨なぎさ!

なぎさは典型的なボーイッシュ女子ですね。
ラクロス部に所属しマックスハート時代は、部長も務めるほどの運動神経の持ち主なので運動は文句なく◎!

ただ、何故かなぎさは泳げなかったり、スノボなどのウインタースポーツは苦手だったりします(;´∀`)
それを差し引いても、運動神経抜群のなぎさは◎でいいでしょう!

一方、勉強は典型的なスポーツ少女のため、苦手で×。
これは逆になぎさの良さですね(笑

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 日向咲(キュアブルーム)

運動 ◎ 勉強 △

こちらはスプラッシュスターの主人公・日向咲ちゃん

こちらもなぎさと一緒でスポーツ少女。ソフトボール部でエースと4番を務めるぐらいの運動神経の持ち主のため、こちらも文句なしの◎。

勉強に関しては調べたところ40~60点程度の点数が取れていたとのことなので、△評価。
スプラッシュスターは見てたんですが、個人的に全然そんな記憶ないですね(^^;

私が印象に残っているのは相方の舞の絵を描いて、ナスの間違われるという絵心のなさが印象に残ってます(笑

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 夢原のぞみ(キュアドリーム)

運動 × 勉強 ×

こちらは先ほど書いたとおり、(私個人が)歴代で一番おバカの称号を獲得してしまったプリキュア5&GO!GO!の主人公・夢原のぞみさん。

スペックに関しては、「歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)で一番おバカなのは夢原のぞみ」の項で説明したとおり、運動も勉強もダメダメです(;´∀`)

ただ彼女のすごさは対人能力やカリスマ性。
歴代最多の人数を誇るプリキュア5チーム(くるみを入れれば6人)のリーダーで、
性格の違う5人をうまくまとめ上げるカリスマ性はプリキュア界ナンバー1と言ってもいいでしょう!

よく企業などでコミュニケーション能力がある人をほしがりますが、彼女ならどんなところで働いても上、下に慕われるなくてならない存在になること間違いなしです!
(まあ、彼女の夢は教師ですが(^^;)

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 桃園ラブ(キュアピーチ)

運動 △ 勉強 △

スポンサーリンク

こちらはフレッシュの主人公・桃園ラブちゃん。

彼女に関しては、公式設定で勉強もスポーツも苦手という設定なんですが、
フレッシュを見た感じ、そこまで頭が悪いわけではなく大好きなダンスに打ち込んでいる姿を見ると、
運動、勉強ともに△評価が妥当かなという感じです。

下には下がいる(誰とは言ってませんよ)という言葉もありますしね(笑

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 花咲つぼみ(キュアブロッサム)

運動 × 勉強 ◎

こちらはハートキャッチの主人公・花咲つぼみさん。

歴代で唯一、勉強が得意で運動が苦手な主人公ですね。
性格も文系の女の子ということで、おとなしい感じの文学少女という感じです。
(相方のえいかは完璧に正反対のウザ可愛いキャラですが(^^;)

こうして考えると活発なイメージがあるピンクがつぼみで、おとなしい・知的なイメージがある青がえりかという
プリキュアシリーズでは異色な感じですね~

なので、勉強が◎、運動が×という評価です!

スポンサーリンク

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 北条響(キュアメロディ)

運動 ◎ 勉強 ×

こちらはスイートの主人公である北条響さん。

彼女も歴代の先輩方に多い、運動神経抜群タイプ。
数々の部活の助っ人に参加し、野球やサッカーなどの球技やはたまた柔道などの助っ人も務めます。
こういう球技とかってある程度練習しないと技術が身につかないと思うんですが、
助っ人して活躍してるんだから、彼女が一つのスポーツに集中したらどうなるのか…。
末恐ろしいですね(;´∀`)

一方、勉強の方はてんでダメで、夏休みの明けの小テストは散々な点数でした。
ということで、残念ながら×評価です。

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 星空みゆき(キュアハッピー)

運動 △ 勉強 ×

続いてはスマイルの主人公である星空みゆきちゃん。

こちらのみゆきちゃんは評価に迷いましたが、勉強が全教科苦手で補習も受けていたぐらいなので、×の評価が妥当かなと。
絵本が好きなところがあり、少し文学(?)に強いので、△評価にしようか迷いましたが(^^;

運動に関しては本編では一回も出てきませんが、チアリーディング部に所属しているということなので、△評価。

勉強ができないのはピンクキュアの宿命でしょうか。

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 相田マナ(キュアハート)

運動 ◎ 勉強 ◎

こちらはドキドキの主人公・相田マナさん

こちらのマナちゃんは成績優秀+スポーツ万能+生徒会長と非の打ちどころない超ハイスペックなピンクキュアになってます(゚д゚)!

さらには性格もよく、みんなに優しいとまさに完璧超人です(;´∀`)

なので、評価は運動、勉強共に◎です。

唯一の弱点は音痴というところぐらいですかね(笑

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 愛乃めぐみ(キュアラブリー)

運動 △ 勉強 ×

こちらはハピネスチャージ主人公である愛乃めぐみさん。

こちらにめぐみちゃんに関しては、ごめんなさい。
評価している私がハピネスチャージを2話ぐらいしか見たことないので、ネットの評価を参考につけました(^^;

運動も学力も頑張って、平均点ぐらいだそうなので運動、勉強共に△で。

読者さんよりめぐみは第12話でテストが学年ビリだったとのことなので、×に修正しました(^^;
学年ビリとはめぐみちゃん中々アクロバティックなことをやってのけますね(笑

運動に関してもサッカーができていたということで〇の評価に修正しました。

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 春野はるか(キュアフローラ)

運動 ○ 勉強 ○

こちらはGO!プリの主人公である・春野はるかことはるはる。

はるはるも評価は迷ったんですが、そこまで運動が得意な描写を見たことがないので、運動に関しては△。
読者様よりテニスやバレエを自分のものにモノにしたということで、○評価が妥当では?という意見を頂いたので○に修正しました!
はるはるは努力型の秀才主人公ですね(^^

勉強に関しては、名門ノーブル学園に合格し、学園に入っても努力していたので○という評価です。

はるはるの努力家っぷりはおじさんも見習いたい(゚д゚)!

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 朝日奈みらい(キュアミラクル)

運動 ○ 勉強 ○

そしてまほプリの主人公・朝日奈みらいちゃん。
こちらはみらいちゃんは数学で赤点(26点)を取ってましたが、
その他の教科は担任の先生曰く、優秀ということなので○評価です。

数学は赤点を取りましたが、補習では見事に85点とリカバリー。
やっぱり元々勉強は苦手ではないみたいです。

運動に関しても、球技(バレーやサッカー)で活躍していましたので、
普通に運動神経があるということで、○評価!

なので、みらいちゃんは運動も勉強もできる結構優秀な子と言った感じです(゚д゚)!
マナちゃんほどではないですが、十分ハイスペックと言っていいでしょう!!

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 宇佐美いちか(キュアホイップ)

運動 〇 勉強 △

キラキラ☆プリキュアアラモードの宇佐美いちかちゃんのスペックは両方とも△

キラプリが始まって3ヶ月ですが、キラプリはスイーツ作りに主となっているので、
あまり勉強・運動の描写がなくいつまでも記事が更新できませんでした。

第14話にてキュアジェラートこと立神あおいちゃん学年5位以内の秀才ということが判明し、「勉強苦手仲間だと思ってた」と発言したので勉強はあまり得意ではなさそうです。

運動に関しても学校でバスケットボールをしている際にシュートの時にひまりちゃんにぶつかっていたので、あまり運動も得意ではなさそう(^^;

得意のジャンプ力でダンクシュートを決めようとしたし、運動会でマカロン食い競争では堂々の一位となったので〇評価に修正しました。
(読者さんからご指摘いただきました)

なので運動〇・勉強△評価です。

歴代主人公ピンクプリキュア(ピンクキュア)スペック解説 野乃はな(キュアエール)

運動 △ 勉強 ×

HUGっと!プリキュアの主人公野乃はなちゃんのスペックは両方△評価です。

アンドロイドであるルールーちゃんに「優れた点は特に見当たらない」と評価され、自身も運動も勉強もできないということ言っていたので両方とも△評価です。

さすがに×に行くまで悪いとも思えませんしね(^^;

…と思ったんですが、勉強はすぐ0点をとってしまうということで×に修正しました。

というわけで、本日は歴代ピンクプリキュアのスペック一覧でまとめてみました。

もちろん、これは私個人の評価ですので、「この子にこの評価はプリ夫、アホすぎる!」と思っている方はコメント欄で指摘して頂けると幸いです(^^;

コメント

  1. 原 健一 より:

    愛乃めぐみは、12話でテストが学年でビリなので、勉強は△ではなく×です。

    • プリ夫 より:

      原さん、初めまして!コメントありがとうございます!!

      早速修正させて頂きました!
      しかし、めぐみちゃん学年ビリとは中々アクロバティックなことしますね(^^;

  2. hts より:

    しかしこうしてみるとみらいちゃんにスペック的に一番近いのがマナさんという事実。まあマナさんほどパーフェクトではないけど…。
    全桃キュアを大別すると
    高スペック型…マナ、みらい
    運動型…なぎさ、咲、響
    勉強型…つぼみ、はるか
    低スペック型…のぞみ、ラブ※、みゆき、めぐみ
    ということに…。
    ピンクはおバカで運動神経抜群といわれがちだけどこの結果から見ると意外とバランスよく割れていることに…。

    ※:頑張ればそれなりに出来る意味では将来的にはマナみらい組に入る可能性も。

    • プリ夫 より:

      htsさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

      みらいちゃんはマナちゃんに近い感じがしますね~
      歴代主人公中では結構なハイスペックだと思います(^^
      まあ、ちょっと先輩方には勉強の方はイマイチという方が多いですからね(;´∀`)

      確かに意外にバランスが取れてますね。
      ちょっと低スペック型が多い気もしますが(笑

      ラブちゃんはダンスを頑張っているので、下手したら運動面は化けるかもしれませんね!
      勉強面は…ダンサーが夢という事で目をつむりましょう(笑

  3. カフェオーレ より:

    桃は学校生活の成績は紫と正反対で酷いドジと運動神経が抜群で学力は悪い馬鹿の集まりですが、ドジは前向きな為に逆境に強くナイトメアの落とし穴+ジョーカーの怠け玉+花の城による精神的な嫌がらせの1つの骨抜きやラストボスの洗脳を無効化する耐性を持っているから仲間と違って決して諦めないのが長所なのでリーダーシップも満点で合体技を発動させる為にも必要です。

    マナちゃんが文武両道な優等生なら学力テストの順位が掲載されて六花ちゃんは不要となりますが、運動神経は抜群でも掲載される程に勉強も出来ないし、絵と嘘を付くのが下手以上に音痴で音楽だけは1だから桃らしくスポーツタイプですね。

    つぼみはえりかと正反対なので運動音痴ですが、いつきやゆりさんの冷静さを持っているタイプと比較して敵幹部に挑発されるとムカッと感情的に怒るから戦闘力も著しく上昇させる事が可能です。

    はるかは贅沢過ぎるプリンセスの主人公なので超優等生3人の影響とレッスンパッドシステムの御陰で学習能力も良く最初は酷くてもすぐに改善させる事も可能です。

    星空みゆきが所属するスマイルは勉強が出来る女の子が麗華以外居ずに運動神経抜群なのが手と足に分散してドジが2人もいる為に例え冷気を吸収して北極でも凍死せず学年トップの新生徒会長の麗華でも流石に馬鹿4人を支えきれず結局は夏休みの宿題も終わらずに補修となって麗華も馬鹿の影響で鈍感な点があり、敵幹部とは救援が来る迄1人で戦わなければならないので環境は劣悪でした。

    学校の終業式は通知表が配られますが、星空みゆきの成績はオール1と酷過ぎるから先生も怒って渡し見たら余りの酷さに失明するから見ない方が良いです。

    しかし、酷いスマイルにも光+かれんさん+くるみ+せつな+いつき+ゆりさん+エレン+アコ+ありす+まこぴー+亜久里+ゆうゆう+いおな+みなみさん+きららちゃん+トワちゃん+ことはの他の優等生17人が夏休みの宿題の救援に来たら一晩で終わらせる事も容易です。

    特にゆりさんは学校では誰も勝てないチートキャラなので怪物とも生身で戦えますからね。

    ただゆりさんとアコの2人は捻くれた照れ屋で眼鏡も掛けているので仲間に加えるのに時間が掛かるし、いおなは短気でかれんさんとみなみさんは厳しいから宿題も自分でやれと言うからいつきとくるみと亜久里はファンシーな縫い包みと甘い御菓子とチョコレートで釣れば問題無く、それ以外なら依頼すれば引き受けてくれるので大丈夫です。

    • プリ夫 より:

      桃キュアはリーダーシップはやはり抜群ですね~そしてあきらめない姿勢…これは桃キュアの特権と言ってもいいいですね(^^
      のぞみことキュアドリームはどんな絶望的な状況でもあきらめませんし。

      マナちゃんはそう考えると運動よりが強いかもしれませんね。しかし超ハイスペックなのには変わりないので、両方◎はそのままにしておきます。
      見栄えもいいですしね(^^

      はるはるは頑張り屋さんですからね~
      そういえば周りの方もハイスペックな方が多いですね(^^
      みなみん、きららん、トワっち…すさまじい人たちが仲間でそのリーダーなんだから、はるはるはやっぱりすごい(゚д゚)!

      そういえばスマプリはれいかちゃん以外はみんな赤点で勉強が苦手でしたね(笑
      その17人が宿題を手伝ったら…まず間違いなく一日で夏休みの宿題が終わりますね(^^;
      これだけのプリキュアが味方というのは改めて本当に心強いと感じますね~

      そういばゆりさんは生身でデザトリアンの相手をしてましたね。
      ちょっと性格面では難しい方も多いですね(^^;
      宿題を手伝ってもらうにしても、説教から始まってしまう方もいると思います(笑

      • hts より:

        その意味で言うと今回の桃に当たるひかるは異色なんですよね。まず彼女の場合はリーダーシップに乏しい面があります。であるがゆえに黄のえれなさんが補っている面があるんですよね。実際今回はいつもに比べると余り桃中心に動いていない感じがします。

        実際彼女の一番の弱点は勉強でも運動でもなくてコミュニケーションなんですよね。これは歴代桃が逆に一番得意にしていたものの1つなわけで…。

        • プリ夫 より:

          コミュ力はあると思いますけどね~
          まどかさんを連れ出して買い物に行くぐらいですし(^^;

  4. やまちゃん より:

    はるかちゃんはマラソンやテニスやバレエを自分のモノにしているので運動は△で無く、○です。

    • プリ夫 より:

      やまちゃんさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

      私もはるはるは私も評価は迷いましたね(^^;
      ○評価に修正しました!

  5. k より:

    なぎさはスポーツ万能の設定ですが季節物のスポーツがダメ(ただし練習の呑み込み自体はいい)なので
    響やマナに比べると少し運動が劣る気がします
    同じく咲もソフトボールは得意だけど大会で負けたりスポーツ万能って設定は特にないので
    上記3人と並ぶ程ではないと思います

    勉強面はのぞみは初期の段階では歴代最低クラスだと思いますが
    努力して国語で70点とったりりんの弟妹に分数の計算を教えてる描写があるので
    最終的にはみゆきやめぐみより上だと思います
    またつぼみは文系に関しては凄いですが、数学をえりかに教えてもらう描写があるので
    マナに並ぶ◎かと言われると少し劣ると思います

    • プリ夫 より:

      kさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

      うーん、そうですね、その辺の細かい判別は難しい感じがありますね。
      確かに響やマナよりは劣るかもしれませんが、個人的にはそこまで優越はつけたくない感じがします(^^;
      なぎさも咲も部活頑張ってますし、細かく数値すればそこら辺の優劣の表現できるかもしれせんが、現状はアバウトに評価なので、このままにしたいと思います。

      そういえばそう描写がありましたね、教師になりたいのぞみらしい描写でした。
      うーん、そう考えると△にしたいと思うんですが、やはりのぞみはお馬鹿キャラが定着してるのでこのままで行きたいですね(^^;
      のぞみの良さ(!?)でもありますし(笑

      うーん、つぼみもその辺が難しいところですね。
      これも細かに数値化すれば優劣が出てきそうな感じですが、今回はこのままで行きたいところです。
      勉強系ピンクは今のところいないので(^^;

  6. knct より:

    先ず、みらいにK野の絵を使わないで・・・
    一番のバカはスマイルみゆきで決まり、のぞみはバカでも自覚して悩み努力する描写もあるので感情移入できるが、みゆきはただのバカ。
    全プリキュアで一番はっちゃけキャラのえりかでもデザトリアン化第1号だったりしたが、みゆきには何もなくバカなだけ。
    第8話とか別人格扱いではあるが、ピンクのプリキュアが完全に池沼と化す描写とか脚本家は視聴者までバカにしている。
    しかも本人だけでなく仲間もバカだらけ。唯一勉強ができるれいかも人格が宇宙人。そういう全くふざけた設定だから、まるで締まりがなくてつまらなく生徒会選挙回でれいかは悪者に言い負ける流れになってしまう。
    そして真面目にやったシーンが皆無だから、20数話とか最終回の決戦時に突然真剣な顔して決め台詞を言っても全く白々しくてつまらなかった。

    後愛乃めぐみはバカ設定そのものに問題あり。普段は何の問題もなく特に失敗もせず暮らしていて勉強だけはビリというのではとってつけた感ありありでNG。のぞみみたいに普段からドジとか言う設定でないと無意味。
    結局一昨年はバカで去年は頭良かったから今年はバカ設定にしようという安易極まるルーチンワークだったんだと思う。

    • プリ夫 より:

      knctさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

      色々と辛口意見ですが、人それぞれと言ったところでしょうか。
      中々難しいですね(;´Д`)

  7. 名無し より:

    のぞみちゃんはスポーツ歴ほとんどなし プリキュア一筋のため。
    2007年 2008年
    すこしは春日野うららちゃんを見習うべきだ。

    今度のピンクプリキュアは末っ子プリキュアになってくれたら嬉しい。
    姉と兄が居る末っ子 ワカメちゃんと同じように。

    • プリ夫 より:

      のぞみがスポーツをするイメージはないですね(;´∀`)

      そういえばお姉ちゃんがいるプリキュアっていないような?
      兄ならSSの舞ちゃんにお兄ちゃんがいましたね~

  8. げっと より:

    個人的な意見ですが、超ハイスペックな万能超人なマナ王子の弱点について1点。「自分の事を後回しにしすぎる」という点もあると思うんです。給食のおばちゃんの代わりにパン売ってたら自分の分が無くなったとか、体育祭でダウンするほど仕事を請け負ってしまうとことか。「幸せの王子様」と六花に評される程に、自分の事を鑑みない危なっかさしさを孕んでたりします。

    今回の評価とはあんまり関係ないですが、参考までに…

    • プリ夫 より:

      げっとさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

      そういえばマナちゃんは体育祭で高熱でダウンしたことがありましたね~
      人のことを考えすぎて自分のことを考えられなくなる…なんかすごいうらやしい弱点のような気が…(笑

      マナちゃんってやっぱりすごいな~って改めて思ってしまいました(´▽`)

  9. 通りすがり より:

    こういうの作るならちゃんと全部の作品を見るべきだと思いますけどね

    • プリ夫 より:

      通りすがりさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

      うーん、全く持っておっしゃる通りですね(;´Д`)
      おかげで結構読者さんから指摘を受けます。
      結構プリキュアシリーズは見てきたつもりだったんですが、まだまだにわかですね。
      見ていない過去作品についてはこれから見ていきたいと思います。
      ご指摘ありがとうございましたm(__)m

  10. ゆうゆう好き より:

    ハピプリについては二話しか見てないということなので、めぐみについて一言。
    彼女が学年最下位になってしまったのはプリキュアとしての活動にかまけて勉強が疎かになった(というよりはそれを理由にやらなかった)からであり、基本的には平均レベルという認識はあってますよ。その設定が本編に活かされてるとは思いませんが、ただまぁ、言動とか思考は比較的まともであり、いわゆるバカピンクかと言うとそうではないと感じます。追試もも仲間や幼なじみの助けがあったとはいえ、きちんとクリアしてますしね。
    つうか、めぐみの問題は学力とかじゃなく別のところにあるのですが。(本編のネタバレになるので書きません)
    ハピプリは一部に強烈なアンチがいますが、個人的には好きなシリーズです。
    テレビ本編もできれば全部見てほしいですが、なかなか大変だと思いますので、劇場版をまずはオススメします。
    プリキュア劇場版人気投票をすると必ず上位にランクインし、普段はハピプリを低評価する人たちからも絶賛されています。
    テレビ本編を見てなくも楽しめるとは思いますが、致命的なネタバレにならない程度に各キャラクターごとの関係性をネットとかで軽くおさらいした方がより楽しめるかもしれません。
    長文失礼いたしました。

    • プリ夫 より:

      ゆうゆう好きさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

      なるほど、そういうことなんですね。やっぱりシリーズを見ていないというのはちょっと痛いものがありますね(;´Д`)
      これを考えるとやっぱりシリーズを見てないといけないなーと思います。

      ハピネスチャージの映画はすごい評判がいいらしいですね~以前にプリキュアの映画を記事にしましたが、
      歴代プリキュア映画で再高評価でした(^^
      これから少しでも歴代の記事をかけるようにハピネスチャージも見たいと思います。
      ちょうどハピネスチャージの頃に30超えたのにいつまでもプリキュアを見ていてはダメだと卒業したんですが、結局GO!プリから見始めると優柔不断ものでして(^^;

  11. 何処かの誰か より:

    というかまず、同じピンクでもちゃん付けやさん付けや呼び捨ても有りますけど、そこの基準は何ですか?(特につぼみちゃんをさん付けしてたのが意外)明確な理由と共に教えていただけると嬉しいです。

    • プリ夫 より:

      何処かの誰かさん、はじめまして!コメントありがとうございます!!

      そう言われるとそうですね、言われて気づきました(^^;
      個人的な感覚だったり、その時のテンションだったりします。
      特になぎさの場合はなぎさちゃんやなぎささんは違和感があり、呼び捨てにしてますね。
      ラブちゃんというのはブッキーがそう呼んでいるので、それがうつったのかな(笑

  12. 西鉄6000形 より:

    いちかちゃんの運動、2話のバスケットボールでは
    シュートに失敗したものの、
    得意のジャンプ力でダンクシュートを決めようとしたし、
    今日の放送の運動会でマカロン食い(パン食い)競争では堂々の一位
    になれましたので、運動評価を△評価より〇評価の方がいいと思います。

    他にも歴代青キュアでも運動勉強を評価してみたら、
    かれん 運動◎か〇 勉強◎
    美希 運動〇 勉強〇か△
    えりか 運動〇 勉強△←やれば〇評価
    エレン 運動〇 勉強〇
    れいか 運動〇 勉強◎
    六花 運動△ 勉強◎
    ひめ 運動〇か△ 勉強〇
    みなみ 運動◎ 勉強◎
    あおい 運動〇 勉強◎
    となります。

    • プリ夫 より:

      西鉄6000形さん、コメントありがとうございます!!

      なるほど、そう考える〇評価がいいかもしれませんね。早速修正させて頂きました!!

      おお!青キュアまで評価してくれるとはありがとうございます!いずれはこういうこともやりたいんですけどね~
      知性の青ということでやはり勉強のできる子が多いですね~

      • hts より:

        こうしてみると青キュアは低スペック型は1人もいなくて運動型が美希とえりかで勉強型がひめのみで他はもれなく高スペック型に分類されますね。
        その意味では青キュアは勉強ができるというよりは勉強も運動もできる万能型だったりしますね(実は運動方面でも桃キュアより総じていい)。

        • hts より:

          訂正:六花さんも勉強型でしたね。失礼しました。
          そう考えるとドキは青よりも桃の方がスペックが高い数少ない例外になりそうですね。

          • プリ夫 より:

            htsさん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

            そうですね、ピンクの子の場合はダメダメな子というのもたまにみかけますが、青キュアは全くそんなことがないのがすごいですね~
            青=万能型と覚えるのがいいかもしれません(^^

  13. よこぴょん より:

    野乃はなはみゆきやのぞみと一緒にされがちだが勉強△運動○だと思います。

    • プリ夫 より:

      よこぴょんさん、はじめまして!コメントありがとうございます!!

      早速の評価ありがとうございます(^^
      はなちゃんは中々難しいですね~勉強も運動もそんなにできなさそうなイメージですが…(;´∀`)
      もっと話数が進んで明確になったところではなちゃんを追記したと思います!!

  14. よこぴょん より:

    ご注文はうさぎですか?という他のアニメキャラでも運動や勉強を◎、◯、△、✖️でつけてみたいと思います。
    ココア運動△勉強△
    チノ運動✖️勉強✖️
    リゼ運動◎勉強◯
    千夜運動✖️勉強△
    シャロ運動◎勉強◎
    マヤ運動◎勉強◎
    メグ運動△勉強△

  15. よこぴょん より:

    ごちうさのアニメキャラは
    高スペック型がマヤとシャロで運動型がリゼで勉強型はいなくて低スペック型がチノです。

  16. よこぴょん より:

    ごちうさのアニメキャラを色のプリキュアに例えると
    ココア桃キュア
    チノ青キュア
    リゼ紫キュア
    千夜緑キュア
    シャロ黄キュア
    マヤ青キュア
    メグ赤キュア

  17. よこぴょん より:

    ごちうさのココアは桃キュアですけど文系が全然出来ない赤点で理系が驚異的にできトップ層なので勉強は平均値ぐらいの△です。運動はバレエは全然ダメでしたが力が強いところもあるので△です。

  18. よこぴょん より:

    ごちうさのチノは青キュアですけど勉強に関してはまだ中学生なのに留年をするシーンがあったのでそして数学をはじめとした全教科苦手らしいので✖️です。運動はバレエができなくそして力もリゼシャロとは対照的になく水泳も運動も座ってるだけなので✖️です。その上芸術性も✖️です。だけど彼女はバリスタを目指しており働く力に関しては◎です。

  19. よこぴょん より:

    ごちうさのリゼは暗記が得意なので勉強は◯です。得意な描写はシャロやマヤほどではないです。運動はバレエも普通の体育も水泳も軍隊の訓練もなんでも運動だってモノにしているので◎です。

  20. よこぴょん より:

    ごちうさの千夜は勉強は理系が赤点で文系が驚異的にできるみたいなので△です。ココアとは逆ですね。運動はバレエも運動も水泳も軍隊も消極的だったんで✖️です。

  21. よこぴょん より:

    ごちうさのシャロは勉強も特待生でいるほどの優等生なので◎です。運動だってバレエも力もかなりあるので◎です。

  22. よこぴょん より:

    ごちうさのマヤは勉強はシャロと同様に特待生であるほどの優等生なので◎です。運動もスポーツキャラなので◎です。

  23. よこぴょん より:

    ごちうさのメグは勉強はお嬢様学校に入学を勧められているけど勉強できる描写はないので△です。運動もバレエ以外はできないので△です。

  24. よこぴょん より:

    なのでごちうさで最も賢者はシャロで最もバカはチノです。ココアは桃キュアですけど勉強も運動もそこそこです。チノが青キュアですけど全然青キュアらしくないです。

    • プリ夫 より:

      よこぴょんさん、はじめまして!コメントありがとうございます!!

      ごちうさというのは聞いたことはあるんですが、見たことはないですね(^^;
      詳しい情報の記載ありがとうございます!!

  25. よこぴょん より:

    まだですか?野乃はなと星奈ひかるのスペックを表示するのは?

    • プリ夫 より:

      よこぴょんさん、こんばんわ

      申し訳ありません。今週中にはやりたいと思います。
      少々お待ちください(;´Д`)

  26. イクタモン より:

    おはようございます。

    はなさんは社長になる未来があることから、運動はイマイチでも勉強はある程度できたんじゃないでしょうかね、まあ、可もなく不可もなくって感じでしょうか。
    ただ、夏休みの宿題をほっぽっていた辺り、だらしない感は否めません。それでも、支え合う仲間がいたから乗り切れた、それだけじゃなく数多くの難題も越えられた、たとえ自分の能力が低くても、お互いに助け合うことで成功は収められるのではないのでしょうか。そのためのチームなのでは?
    なお、以前書きましたが、低スペックでもみんなの支えになるならばそれで良い、逆に完璧だとストーリーが破綻する、などということを。少年期は完璧超人に憧れていましたが、段々皆がみんなで支え合うことのほうが重要だと感じるようになりました。もっとも、それはフィクションの話であり、現実は完璧に近い人が生き残るんじゃないのかとやや諦観気味です。

    長文失礼致しました。

    • プリ夫 より:

      イクタモンさん、こんばんわ!

      社長ということは勉強というよりはカリスマ性がある…ような感じですね~
      私もイクタモンさん、言う通り個々の強さよりいかにチームで強くなることが大切だと感じます。
      ゲームだったら強キャラ一人でクリアなんてこともありますが、現実では無理ですからね(^^;

  27. SATOSHI より:

    歴代のピンクプリキュアで、最低は、のぞみです。勉強、運動は、共に低レベルです。次点は、つぼみです。はなを含むメンバーの中で、一番人気は、マナです。

    • プリ夫 より:

      SATOSHIさん、こんばんわ!

      のぞみさんは全てが最低でもカリスマ性があります!
      のぞみとマナの競演も見てみたい気もします(笑

  28. hts より:

    さて今作品のピンクにあたるひかるちゃんですが自分の予想はずばり
    勉強◎ 運動〇のように思います。

    実は高橋ピンクは割とハイスペ傾向にあるんですよね。特に運動はひびきん/マナさんともに歴代でもトップクラスですしね。

    でひかるちゃんの運動能力は彼女らに比べると1ランク下がりそうなので高橋ピンクの中では運動評価は実は最低クラス。

    そうなると可能性としてはやはり勉強がトップクラスというのがありえそうに思えます。

    もしこれだとすればつぼみの上位互換型になりそうです(←勉強型だが運動もそこそこ出来るという意味で)。

    • プリ夫 より:

      htsさん、こんばんわ!

      中々高スペック予想ですね(^^;まだ何とも言えませんが、そこまで高くないかな~というのが私の予想です
      そう言われると高橋さんのピンクキュアはスペックがたかいですね。

      • hts より:

        ちなみにその逆が川村ピンクでして、こちらはのぞみちゃんを筆頭にロースペ傾向にあります。どうも川村ピンクの場合は勉強はダメで運動もいまいちというケースばかりのようでして…。

        ただ3代目のはなは両方苦手ながらも致命的ではないという点では川村ピンクとしては比較的良スペックだったり…。

        • プリ夫 より:

          確かに川村さんのピンクは何ともロースペな感じがしますね(^^;
          可愛い感じの絵柄なので、そちらの方が似合おうのも事実ですが

  29. FLOW より:

    私は、プリキュア主人公には2タイプあると思ってます。
    一つが成長タイプで、物語開始当初は未熟な面がありつつも、話が進むにつれて人格面や精神面が成長して目標に向かっていくタイプです。代表的なのはGOプリのはるかでしょうか。

    もう一つが完成タイプで、物語開始時にある程度キャラが固まっていて、紆余曲折はあるものの終盤までブレずに貫いていくタイプです。代表的なのはドキプリのマナですかね。

    作品のテーマによって適したタイプの主人公が用意されているのでしょうが、ドキプリまでは後者が多く、それ以降は前者が多い気がします。

    さて、スタプリのひかるはどちらかというと、ここまでの印象では久々に後者で、これから成長しないわけではないでしょうが、キャラ的に劇的な変化はしないような気がします。

    • プリ夫 より:

      FLOWさん、こんばんわ!

      どうなんですかね~ひかるちゃんのスペックがイマイチまだつかめていないところがあるので、今後に注目したいですね(^^;

  30. ビッグフライ より:

    こんばんは
    星奈ひかるの予想としましては

    運動:△
    理由:運動が悪いところが今のところないですが、えれなさんに運動面で憧れてる事からおそらく運動が出来る方でもないと思うからです。

    勉強:○
    理由:学校回でも勉強で特に苦戦してそうなシーンはないですし、11話〜13話の記事で誰かが「今回の赤点回はララがなって、ひかるが手助けする感じになるかも」的な事を言ってたのでその可能性が高いと思いますし、運動神経抜群のえれなさんには憧れが強いものの、勉強が抜群のまどかさんにはそこまで憧れを抱いていない事から勉強はそこそこ出来るのではないかと思うからです。

    • プリ夫 より:

      ビッグフライさん、はじめまして!

      なるほど、鋭い予想ですね。勉強に関しては結構頭良さそう感じもするんですよね~
      宇宙の本も興味あるし、ちょっと今後の動向でひかるちゃんは記事に追加したいと思います。

  31. 西鉄6000形 より:

    あr、いつのまにかはなちゃんの評価も加えたのですね。
    矢張り運動・勉強面では大きな特徴がないので△評価にしたんですね、。
    さて、ひかるちゃんの僕の評価ですが、
    ドジな行動が目立ちますが、
    勉強はそつなくこなせると思うので△か〇、運動は逆立ちしながら走っていましたので良い方で〇だと思います。
    (その運動でも一番優れているのは腕力かな?)
    ひかるちゃんは高橋さんプリキュアの運動能力では響ちゃんやマナちゃんには劣りますがそれでも良い方だと思います。

    他のスタプリのメンバーの現時点での評価
    ララ 勉強(2ケタの計算に驚いていたので)×かな? 運動 まだ不明
    えれな 勉強〇 運動◎
    まどか 勉強◎ 運動〇
    相当だと思います。

    • プリ夫 より:

      西鉄さん、こんにちわ!

      ひかるちゃんは未だに未知数な感じがしますね(^^;
      おっしゃる通り勉強も運動もそこそこできると思います!

      ララちゃんもバツで間違いないと思います(笑
      えれなちゃんとまどかちゃんは本当にバランスがいいですね~

  32. hts より:

    少し参考になりそうな記事があったので紹介します。
    https://cho-animedia.jp/anime/89154/

    でこの記事によりますとそもそも今作品のコンセプトの1つに将来のリケジョを育成するSTEM教育の要素があるみたいなんですよね。で確かに今作自然な理科教育を行っている感じはするんですよね。

    そうなると勉強が苦手はまだしも勉強が嫌いという描写は今作ではほとんど考えられないんですよね。
    そしてそれは同時にひかるの成績もそれ相応以上ということを示すと思います。

    むしろ今作においては個人差が大きいのは従来とは違って勉強よりも運動方面かもしれませんね。

    • hts より:

      後ララのバツに関しては現時点における暫定評価にしかならないと思います。彼女の場合も別に勉強嫌いなわけではないですから…。過去作にも数学苦手なみらいちゃんが最終的には克服した例もありますしね。

      • プリ夫 より:

        htsさん、こんばんわ

        なるほどー小さい女の子にとってスタプリは宇宙を勉強できるちょっとした理科の授業です。
        そう考えるとひかるちゃんも頭が良さそうです(^^

        ララちゃんの場合はAIがありますからねー克服しなくてもいいという感じもします(笑

  33. チノ より:

    歴代一おバカではないでしょのぞみ
    テストでそこそこの点とってる描写あるし
    少なくてもみゆき、めぐみよりは上

    • プリ夫 より:

      チノさん、はじめまして!

      のぞみさんの雰囲気とカリスマ性とギャップ込みということで…そんな感じでお願いします!

  34. hts より:

    ところでメンタル面とかも含めたすべてにおいて一番ロースペなピンクって誰だろうと考えたらある意味では野乃はななのではないだろうかという考えにいたりました。
    というのも初期の彼女に関しては本当の意味で秀でているものが1つもないんですよね。
    (のぞみならばリーダーシップ、みゆきならば作話力など一般におバカピンクと呼ばれるグループでも何かしら1つは秀でるものがあるのに対して)

    しかしであるがゆえにチャラリートを救済できたとも思うんですよね。つまりダメだと思っている人間を救済するにはある意味ではいい意味でダメな人間でしか救済できないという話なんですよね(多分はなができない子の気持ちが一番わかるピンクかと…)。

  35. 西鉄6000形 より:

    なんかひかるちゃんとみゆきちゃん、スペックを見ると、ひかるちゃんは
    みゆきちゃんの上位互換みたいですね。
    どちらもドジタイプで、宿題はため込むタイプは似ていますが、
    みゆきちゃんは勉強は大苦手に対し、
    ひかるちゃんは勉強は苦にはならないという点だし。
    運動面はともに平均からそれよりちょっと上だし。

    • プリ夫 より:

      西鉄さん、こんばんわ!

      そういえばこの記事もそろそろ更新しないといけませんね(^^;
      うーん、ひかるちゃんの評価が難しいところです。

  36. 夢双 より:

    春野はるかの学力は赤点をとっていたので△にしてください。

    • プリ夫 より:

      夢双さん、はじめまして!

      ご意見ありがとうございます。
      ただはるはるの場合は名門ノーブル学園なので、ちょっとレベルが違うかと(^^;

      なので、現状としておきたいです!

  37. 夢双 より:

    春野はるかは体が硬いので△にしてください。あとはなはすぐに0点を取ってしまうといっていたので×、めぐみはサッカーができていたので〇にしてください。あとできればですがひかるのスペックを書くときには学力については△にしてください。理由は夏休みの宿題をやっていなかったので多分普段もそんな感じかなと思ったからです。

    • プリ夫 より:

      はなちゃんとめぐみちゃんに関しては修正しました。
      はるはるに関しては以前に読者様の意見から修正した経緯があるのでそのままです

  38. 夢双 より:

    春野はるかはきららやみなみより劣っている描写があるので△にしてください。絶対そう思います。

    • プリ夫 より:

      うーん、ちょっと他の意見もあるので今回はこのままでいきます(^^;

      • 西鉄6000形 より:

        そうですね。むやみやたらにスペックを変えるときりがなく、
        プリ夫さんも可哀そうですので、できればコメする前に
        もうちょっと考えてからした方がいいかなと思います。

        • プリ夫 より:

          そうですね、皆さん色々意見があるのでやっぱり合わせるのは難しいイメージです(^^;

  39. 西鉄6000形 より:

    めぐみちゃん、プロデューサーからは運動勉強は頑張っても
    普通程度とおっしゃってましたが、
    実際は勉強はダメで、運動は比較的できる結果となっていました。
    あと、めぐみちゃんはサッカーができるに加え、
    腕立て伏せもできることから腕力も割とあるシーンがありました。

    それとはるかちゃんがみなみちゃんやきららちゃんより劣る
    (といってもはるかちゃんもスペックは平均より若干上)ということから、
    プリ夫さんもきららちゃんは運動勉強共に○で
    みなみちゃんほどでもなくても比較的得意、
    みなみちゃんは運動勉強共に完璧な◎評価といった感じで賛成ですか?

    • プリ夫 より:

      実はハピネスチャージは数話しか見てないので詳しく知らないという(^^;

      GO!プリのお二人の評価は私もそれで同意ですね(^^

  40. hts より:

    ひかるちゃんの学力および運動力ですが最終評価に関しては
    運動:〇、勉強:〇なのではないかと思います。
    理由を言うと
    運動…逆立ち歩きができることを考えるとそれなりにあったと思われる。むしろ先輩2人(特にえれなさん)がチートなだけ。
    勉強…宿題が遅れたという件に関しては勉強というよりノルマをこなす能力が低いということであってそれほどの減点材料には実はならない。むしろ彼女は過去キュアの中でも珍しい勉強『好き』※であり将来のたどり着く道からしてもこれくらいの評価が妥当かと。

    ※:彼女は知りたい全振り系統だからね。これは実は青キュアですら珍しいタイプ(←該当するのはさあやぐらい)。

    • hts より:

      ちなみに残り3人に関しては
      ララ…運動:△、勉強:〇
      えれな…運動:◎、勉強:◎
      まどか…運動:◎、勉強:◎
      だと思います。割と全体的にハイスぺ評価ですが、そもそも今回のメンバーの場合宇宙という未知かつ厳しい場所でも適応していく必要があった以上このクラスの能力が必要だったんですよね。

      なおララの運動能力の△は地球人基準です。サマーン人基準を適用する場合は◎です。この意味では運動能力においてはひかるが低いのではなくて他の3人が母星基準で優れすぎているというのが妥当かと。

      • 西鉄6000形 より:

        htsさん、
        まどかちゃん、弓道している印象から見たら
        はあまりぱっと思い浮かばなかったですが、
        28話で巨大な鞴を動かす性能の運動能力を持っているのは
        同じく弓道キュアのれいかちゃんよりさらに高いのかな?
        スタプリもプリアラと同様、身体能力は全体的に比較的高いメンバーの集団ですね。

    • hts より:

      補足:
      ひかるのなった道である宇宙飛行士の難易度であるが理系職の中でも頂点の1つだったりします。実際難易度はノーベル賞/フィールズ賞受賞クラスとされますしね。さあやがたどり着いた道であるお医者さんなんかよりもはるかに困難な道のりなんですよね。

      • プリ夫 より:

        htsさん、こんばんわ!

        私的も両方〇で問題ないかと。
        何気にスタプリはハイスぺが多い印象ですねー(^^

        宇宙飛行士ってそんなにすごいですねー
        まあ、確かに中々なれる職業ではないので納得です

  41. hts より:

    ヒープリを見て思ったのですが、この2項目のうち運動に関する評価に関しては場合によっては×を▲と×に分ける必要があるように思いました。
    意味としては
    ▲…運動は苦手だが、特に健康等に問題はない
    ×…そもそも体が弱い
    これを導入した場合は
    ▲…のぞみ、つぼみ
    ×…のどか
    となりそうです。少しのどっちのは痛々しいレベルなのでご検討お願いいたします。

    • プリ夫 より:

      htsさん、こんにちわ!

      そうなると更に複雑になりそうですね(^^;
      検討はしますが、中々難しいかもです(;´Д`)

  42. 夢双 より:

    少しひかるのスペックについて意見するのですがスペック表の最終評価は勉強△、運動○がいいと思います。理由ですがまず夏休みの宿題が遅れた、さらに少なくとも入試に合格したはるか、数学以外はできていたみらいとちがい頭のいい根拠がないからです。宇宙飛行士についてもアニメなので根拠にはなりません。それにもし実世界で宇宙飛行士になれるのなら夏休みの宿題ぐらいきちんとすると思います。さすがに勉強○評価はハイスペすぎると思っています。あと他のキャラについてはララは勉強△、運動○、えれなは勉強○、運動◎、まどかは勉強◎、運動○だと思います。

    • プリ夫 より:

      うーん、参考にしますが個人的には〇でいいかなーと
      まあ、アニメですのでそこまで深く考えずいきたいとおもいますb

  43. 夢双 より:

    絶対△が妥当だと思いますけどねえ。

  44. 夢双 より:

    ○にするならそれなりの理由が欲しいです。

    • プリ夫 より:

      私だけならいいですが他の方とも口論になっているので
      これ以上酷くなるようならコメントは禁止とします。

      ご了承ください。

    • 西鉄6000形 より:

      夢双さん、ひかるちゃん以外の3人の評価はだいたい僕には納得ですが、
      むやみやたらとそのようなコメをすると
      トラブルの原因となりますので、そのような行為はご遠慮くださいね。
      以前、ピクシブ百科事典で、そのようなコメをして編集合戦、議論となってしまい、
      その結果、ピクシブ百科事典での各キュアのスペック表を
      廃止する羽目になってしまったので。

      • プリ夫 より:

        そうなことがあったんですね(;´Д`)
        やっぱりみんな思うところが違うと難しいですね…

  45. 夢双 より:

    まあでもあれはあれでよかったんじゃないですか。ピクシブのスペック表はどうも不公正でしたし。

  46. 夢双 より:

    あまり関係ないですがピクシブでのひかるの記事にはあまり頭はよくないと書いていましたよ。

  47. 夢双 より:

    ですから、恐らく頭のいい描写はなく、宿題をしていないなどのマイナス要素があったのでそうかかれたのではないでしょうか。ですのでひかるの頭は○ではないと思います。

  48. さとみ より:

    ヒーリングっどプリキュアののどかさん追加お願いします。

    • プリ夫 より:

      さとみさん、はじめまして!コメントありがとうございます!

      最近追記してないので、追記しておきますね。
      かっこいいキャラですね(^^

  49. 夢双 より:

    ひかるの学力は△です。

    • プリ夫 より:

      ちょっと色々な意見が出ると評価が難しいので…(^^;
      最近はコメントによる評価は難しいんですよ

  50. かれひか より:

    夢双さん、余りプリキュアキャラクターの学力評価をしない方が良いですよ。

    他の方のトラブルの元になりますので。

    はい。

  51. かれひか より:

    夢双さん、余りそう言うコメントはしない方が。

    プリ夫さん、二重投稿お許し下さい。

    すいませんでした。

  52. よこぴょん より:

    ピンクキャラっぽい性格やスペックの子について。
    来海えりか 勉強△ 運動○
    日野あかね 勉強△ 運動◎
    黄瀬やよい 勉強✖️ 運動✖️
    緑川なお 勉強△ 運動◎
    花海ことは 勉強△ 運動○
    愛崎えみる 勉強✖️ 運動○
    平光ひなた 勉強△ 運動△

    • プリ夫 より:

      よこぴょんさん、はじめまして!

      やよいちゃんに対してめちゃくちゃ厳しいですね(笑

  53. 夢双 より:

    そういえばいつ更新するのですか。この学力表。

  54. 無名 より:

    あの、 トラブルの元とも一応なりそうなので
    学力のことは自分が思うように考えてください、

    プリキュア赤点禁止令のような、感じで気になるかもしれませんが、 
    とりあえず、そういう質問類は控えるほうがいいと思います
    ここの、方が更新したいときに更新させてあげてください、

  55. 無名 より:

    連続で申し訳ないけど、 ピグシブでも批判があって、学力話題のことは、消された
    ともありますし、 (ピグシブ辞典とか愛用するけど)

    わたしはわたしで、おバカな子でも(のぞみたちとか) 大好きですから
    みんなそれぞれ好きなので、(やよいもふくめてまあ学力はもうそこまで考えないでおこうと思ってます)

  56. イクタモン より:

    こんばんは。
    はなさんの話なんですけど、htsさんをして、ほぼ全ての面がロースペだという、つまり「何も無い子」だったわけですね。ジョージさんの持っていた本に書いてあった通りです。そして彼本人も、トラウム博士をして「何もしない男」、つまりはなさんの同類であろう人だった訳ですね。ですがジョージさんはそれどころか、「何も善くしようとしないで、堕落と停滞へ突き進む男」―仲間とともに明日へ進んだはなさんとは真逆でした。
    またhtsさんの意見を借りますが、「何もない人の気持ちが解る」点でも2者は似てました、が、知っての通り、やってる事は正反対。はなさんは元クライアスの皆さんを救いましたが、ジョージさんは世界滅亡同然の事をやらかそうとしました。「今がダメでもこれからを頑張ろう」と努力した前者に対して、後者は「もう駄目だからみんなオシマイにしよう」とあきらめた―乱暴な言い方だとダメダメ同士の対決、これは歴代ピンクキュアとその敵に対する闘いへの、一つの答えなのでしょう。
    そういや「キュアアンジュは〜」の記事でさあやさんのことを私は「まさに名実ともに天使」と形容しましたが、それは10話の「何もできないんじゃなくって、これから何をするかだよ!!」という叱咤にも現れてました。以前申し上げた様に、「ダメな自分でも仲間と一緒に立ち上がれる」のが醍醐味だと思うんですよ。余談ですが47話の言動、自他ともに無力さを怒っていたという見解も……(そりゃ序、中盤の扱いがあんなんじゃねぇ…)。同記事のコメントで、「ジョージさんは悪魔といえる」旨を書きましたが、本当に彼の言うがままだったら破滅してたでしょうね、はなさん。

    すごくグダグダになってしまいましたが、私のプリキュアに対する思いを述べて締めます。
    プリキュアという番組は決して「ダメダメで良いや」というメッセージはないと思います。むしろ「ダメダメだけど頑張ろう」という願いがあると思います。
    だって、プリキュアは、「子供『向け』番組」なのだから。

    • プリ夫 より:

      イクタモンさん、こんにちわ!すいません、全くログインせず返信が遅くなりました(^^;

      ある程度どダメの人の方ができない人の気持ちがわかるというのは、あるかもしれませんね
      はなさんはそういった面で未来の世界で社長は見合ったポジションかと

      そうですね、しかしダメでも頑張れる何とかなるというのを表した子供向けとしてはすばらしい作品だと思います!!