キュアホワイト(雪城ほのか)はかわいいし最強!おばあちゃん,変身シーン,声優についても紹介!

スポンサーリンク

長年続くプリキュアシリーズですが、初代であるキュアホワイトのことはご存知ですか?

今回は、プリキュアの始まりの二人の一人であるキュアホワイトについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

キュアホワイトのプロフィールはこちら!

引用元:HUGっとプリキュア第22話

キュアホワイトは、2004年2月~2005年1月放送の「ふたりはプリキュア!」と、2期に当たる2005年2月~2006年1月放送の「ふたりはプリキュアMax Heart(マックスハート)」の主人公です。

プリキュアシリーズ歴代2人目のプリキュアです。

担当カラーは白であり、シリーズ一人目の白キュアとなります。

外見は青みがかった黒髪に、白を基調としたコスチュームに身を包んでいます。

引用元:東映アニメーション

胸元には白い大きなリボンが付いており、白の中にも青や水色が使われており、手の甲やヘアアクセサリー、足元などにハートのデザインがついています。

引用元:東映アニメーション

初期と2期では微妙にコスチュームが変わっており、スカート部分がオーバースカートのようになっていたり、胸元のリボンにハートが付いたりしています。

スポンサーリンク

個人の必殺技はなく、パートナーのキュアブラックと一緒に「プリキュア!マーブルスクリュー!」などの必殺技を行います。

キュアホワイトの変身前の名前は雪城ほのか

引用元:東映アニメーション

キュアホワイトの変身前の名前は雪城ほのか(ゆきしろほのか)です。

初期ではベローネ学院女子中等部二年生、2期のマックスハートでは3年生に進級しました。

3年生では、科学部の部長を務めています。

成績はトップでクラス委員を務めるしっかり者ですが、おっとりしており天然ボケの一面もあります。

また、物腰が柔らかくお嬢様のような印象ですが、間違ったことがあると、黙っていられない性格でもあります。

あまり空気を読まない性格で、自らの博学を周りを気にせず披露する癖があり、「うんちく女王」と言われていたりもします。

所属する科学部では色々な実験を積極的に行い、そのたびに爆発事故を起こしていました。

何かが起こってもあまり慌てる姿は見られず、常に落ち着いて対応しています。

キュアホワイトの変身シーン動画やセリフはこちら!

キュアホワイトの変身シーンの動画はこちらです。

キュアホワイトの変身の仕方は、カードコミューンにクイーンのカードを読み込ませて行います。

2期のマックスハートでは、ハートフルコミューンを使って変身します。

単独では変身できないので、常にキュアブラックと一緒に変身します。

変身する時のセリフは「デュアル・オーロラウェーブ!」です。

変身後のセリフは、

キュアブラック「光の使者!キュアブラック!」
キュアホワイト「光の使者!キュアホワイト!」
キュアブラック&キュアホワイト「ふたりはプリキュア!」
キュアホワイト「闇の力のしもべたちよ!」
キュアブラック「とっととおうちに帰りなさい!」

です。

単独ではなく、キュアブラックと一緒のセリフになります。

キュアホワイトは最強だしかわいい!

引用元:HUGっとプリキュア第22話

キュアホワイトは、技が最強と言われています。

パートナーのキュアブラックのようにパワーで押すタイプではなく、軽やかな身のこなしと技を使って敵を倒します。

攻撃技としては足を使う事が多く、パンチなど拳を使った攻撃はあまりしません。

スポンサーリンク

敵の力を利用して投げたり関節技を決めたりと、合気道のような戦い方をします。

パワーというよりは、テクニックをうまく使った戦い方をしており、それがキュアホワイトが最強と言われるゆえんです。

そもそも他のプリキュアと違って、初代と言われているキュアホワイト、キュアブラックは素手での攻撃が多いです。

必殺技に頼らず敵と戦う姿勢やまなざしが、見ている人たちに最強だと感じさせてくれるのでしょうね。

しかし、最強とはいえかわいいところもあります。

まずコスチュームが白くヒラヒラしていてかわいいですし、マックスハートの変身シーンではセリフの前に少し体を傾けすぎて倒れそうになって、一瞬慌てているシーンがあります。

そんなちょっと抜けているところも、キュアホワイトはかわいいです。

雪城ほのかはおばあちゃん子

引用元:東映アニメーション

雪城ほのかは、おばあちゃん子です。

スポンサーリンク

両親は仕事で海外を飛び回っているため、基本的にはほのかはおばあちゃんと飼い犬の忠太郎と暮らしていることになります。

ほのかは、雪城さなえのことは「おばあちゃま」と呼んでいます。

おばあちゃんである雪城さなえは、ミップルの力を借りて敵を一喝して止めたり、背負い投げで反撃したりしたこともあります。

ミップルが変化するカードコミューンは雪城さなえが少女の時代から雪城家に存在しており、空襲でさなえが絶望していた時にカードコミューンから「希望を忘れちゃだめミポ」という声が聞こえてきて、勇気づけられたというエピソードもあります。

声優は、ドラゴンボールの孫悟空役で有名な野沢雅子さんです。

野沢雅子さんは、「映画ふたりはプリキュアマックスハート」と「映画ふたりはプリキュアマックスハート 雪空のともだち」では、2作品とも、雪城さなえと映画オリジナルキャラの2役で出演しました。

キュアホワイトの声優はゆかな

引用元:株式会社シグマ・セブン

ゆかなさんは、声優、ナレーター、歌手です。

1975年1月6日生まれで、声優活動は1993年から行っています。

幼少期は20歳まで生きられないかもしれないとまで言われた病弱で、10歳の頃には余命数カ月とまで言われていたほどです。

テレビアニメでは、愛天使伝説ウェディングピーチ(谷間ゆり、エンジェルリリィ)、あずきちゃん(野山あずさ)などの主人公役を担当したりしました。

15周年記念作品である「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」では、歴代55人のプリキュアが勢ぞろいする事に対し、相方のキュアブラック役である本名陽子さんが「多いなぁ」とコメントした際に「最初は二人だったもんね」と感慨深い様子を見せてくれました。

最初は二人だけで始まったプリキュアシリーズも、今は55人以上もいるので募る思いもあるのでしょうね。

スポンサーリンク

コメント

  1. イクタモン より:

    こんばんは。
    ホワイトさんも可愛いですよね。
    のちのさあやちゃん―キュアアンジュさんに通ずる性格ですが、戦闘スタイルはかたや格闘、かたや超能力……と対照的ですね。なお、「薀蓄女王」繋がりのほのかさんとさあやちゃんで思い出したのですが、ほまれちゃんってなぎささんに似てませんかね?ボーイッシュな見た目に反して内面はウブだったりと。そもそも髪の毛の色も似てるし。
    (以下、ネガ注意)
    さて、ヤフー(だったけな?)のランキングで「最強だと思うプリキュアランキング」ではホワイトさんは予想通りの2位。……が、これも予測は十二分に出来たのですが、アンジュさんはビリから2番目……(なぜかビリはマシェリたん)。
    「勝負が全てでは無い―それは敗者の言い分だ」とはよくいうし、結果は大抵予測可能かつ公式も「最弱」と認めたとはいえ、あまりにも残酷ですよね……。ネットにも酷評する声が多数ありますし(この場合引き合いに出されるのはれいかさん)。何だか貶められてもなおそのプリキュアを愛する自分が愚かしくも感じられます……。差はあれど好きな子はいっぱいいますが……。

    • イクタモン より:

      追記:
      ……とまあこうも愚痴ってしまいましたが、せめて「もう全部あいつ(ら)だけでいいんじゃないかな」なんてことが今後のプリキュアで起こらないことを切に願っております。実際、ドキの宇宙戦でロゼッタさんが、そしてはぐでそれこそ初代のお二方がそんなシチュエーションをつくってしまいました(視聴した限り)……。「仮面ライダーアギト」の劇場版の警視総監さん(演じられたのは何と1号ライダーの藤岡弘、さん!)をして「自分ができないことを君たちがやってくれ」、そう、お互いに得手不得手を補えるのが理想です……。そもそも、その為に「ふたり」でいたはずだったのでしょう……。

      • プリ夫 より:

        イクタモンさん、こんばんわ!

        たしかにキュアアンジュと通ずるものがあると思います、どちらも気弱かと思いきや以外に度胸がある感じですね(^^
        そういうランキングがあるんですね、やはりまだ新人さんという意味でちょっとランキングが低いのかなという感じですかね。
        今後のアップに期待しましょう!

      • イクタモン より:

        (重ね重ね申し訳御座いません)
        あれから色々考えて、何とかポジティブな話を持ち出そうと試みました(なお正確にはビリはパルフェですが、あくまで「最強だと思う」投票です)。
        噂では、リアルタイムでの小友の視聴者の人気は、ホワイトさんに軍配が上がってたようです。やはり女の子は知的な人に憧れるのでしょうね。ネット上ではカスタードさんやアンジュさんが小友に人気だったと言われてますし(なおカスタードさんは上から数えたほうが早い程かなり票が入ってました!これは声優の福原さん人気かそれとも小友票かは不明)。
        なお、担当声優のゆかなさんは、可愛い系からセクシー系まで幅広くこなせますね。「デジモンセイバーズ」で子供デジモンから女王様っぽいキャラまで(これ一連の成長過程が描かれてまして、勿論同一個体キャラです!)演じてました。

  2. かれひか より:

    今晩は。

    プリ夫さん、こういう記事は良いのですが、余りやらない方が。

    イクタモンさんのコメントを観ました。

    僕はれいかさんが好きなので、れいかさんを悪く言う奴は最低な人間ですね。

    プリキュアにわかが言ってるんですよ。

    一回プリキュアを観なさいと言いたいですね。

    こういう人間はニートなんですよ。仕事もして無くて、ストレス発散でそういう風に書き込んでると思います。

    悪く言われたキャラが好きな人が傷つくとかいう事を考えて無いんですね。

    僕も他人の事言えませんが。

    • プリ夫 より:

      かれひかさん、こんばんわ!

      うーん、争うことはないようにしますのでご勘弁を(^^;
      ニートとか社会的に弱い人がネットでは強気ということはよくありますね…。

  3. イクタモン より:

    大変申し訳御座いません。
    こうして見ると、記事そのものには問題はございませんが、そこから飛躍してしまった私の発言が変に独り歩きしてしまって炎上気味になってしまいました。「正の面」だけじゃなく「負の面」でも語る無礼をお許し下さい。
    ただ、あんまりにも懐古やイキリオタクが鬱陶しかっただけなのだから。

  4. 麻雀恵美 より:

    雪城ほのかも美墨なぎさや夢原のぞみと一緒に夏の軍事境界線と冬の最終決戦を突破したプリキュアですからね。

    ゆかなさんに関しては北朝鮮兵士だった呉青成さんが2年前の11月13日に友人との喧嘩で友人が拳銃を発射した音が聞こえたから殺害されると危惧して咄嗟に軍用ジープに飛び乗って検問所と72時間橋も突破した以上は韓国に亡命するしか無く軍事停戦会議所で浅い溝に嵌ったから軍用ジープを乗り捨てて板門閣から追撃して来た兵士4人が自動小銃と拳銃で40発乱射して5発は命中してもチワワ級の猛スピードで命懸けで韓国側の自由の家の外迄駆け込んで気絶した後に韓国兵士3人に助けられてキャンプ・ボニファスに車で運ばれてそこから武装ヘリで韓国の病院に搬送されてイ・グクジョン教授の手術を12リットルの血液と共に2回に渡って受けて一時期は余命幾許も無いと言われていたのに軍隊訓練で回復力が著しく奇跡的に命拾いして豪華な病室で韓国ドラマを見れて病院食も食べられたから2ヶ月間は韓国施設の華院に缶詰めにされて研修を受けて正式に戸籍を作って名前も改名して韓国人となれて御褒美にチョコパイの一生無料食べ放題券を頂けた時と同じく奇跡でしたね。

    あれで私の母校でもある君津高校に入学出来て調べた限りだと文芸部で学業には影響を出さないと両親と約束したと言う事だから成績表も国語+社会+英語+家庭科+音楽が5で、数学+理科が4で体育は元々病弱だから2と予測しますね。

    まあ成績に関してはプリキュアの仲間の学校生活を見ていれば分かりますよ。

  5. 麻雀恵美 より:

    そうそう、言い忘れてましたが、ゆかなさんの声は雪城ほのかみたいな可愛い声の他にセキレイに登場する風花と同じく鮮やかに斬る日本刀の様な感じの声も出せます。