スポンサーリンク

キラキラ☆プリキュアアラモード第47話感想キュアペコリン大変身!ペコリン大活躍!!



スポンサーリンク




スポンサーリンク




キュアペコリン自体はまだ子供ということでプリキュアですがそれほど戦闘能力はないみたいですね。

しかし、キャンディロッドから放たれる攻撃が花火のように空に上がり、プリキュアの型となっているスイーツに。

これを見た心を奪われたいちかちゃんたちプリキュアは…

見事に感情を取り戻しました!!

捨てたアニマルスイーツがゴミ処理施設ということで、ちょうど集まっていたのはちょっとご都合ですが(^^;

みんな捨ててごめんと涙を流して誤ってましたね。ちょっと感動の場面でした( ;∀;)

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4 PAGE 5 PAGE 6

スポンサーリンク

あなたのクリックが記事更新の励みになります!

コメントはお気軽に!

このキュアコンプリートでは読者様からのコメントを随時お待ちしています。

記事対する感想やこのプリキュアが好き!、プリキュアの最新情報等々…お気軽にコメントください!!

プリキュアファンの交流の場となれば幸いです(^^

コメントに関して承認制となっていますので、反映されるまで少々お待ちください。

人を不快にさせたり迷惑になるコメントに関しては削除する場合がありますので、ご了承くださいm(__)m

22件のコメント

  • ほのうみ のプロフィール写真 ほのうみ

    今晩は。
    これはちびっ子達、悲しみますよ。
    絶望的なですね。
    抗議されないか心配ですが・・・。
    超力戦隊オーレンジャーの終盤に似てますね。
    オーレンジャーの終盤も、バラノイアの怪人の影響で、変身能力を封じて、ロボを強奪して、基地を乗っ取り、地球を一時、侵略したんですね。
    最終的に、オーレンジャー達は基地を奪還(三浦参謀と追加戦士が大活躍)して、バラノイアを倒す展開でした。
    頑張れ。キュアペコリン。
    キュアペコリン、キャンディロッド、使えるんですね。予告動画観ましたが。

    • ほのうみさん、こんにちは!コメントありがとうございます!!

      子どもたちにとっては結構なトラウマ回となりそうですね(;´Д`)
      オーレンジャーでも似たような展開があったんですね、終わり良ければ総て良しといいますし、
      キュアペコリンに頑張ってもらいましょう!

      まあ、キラプリは肉弾戦禁止なのでロッドないと攻撃できないからそこはしょうがないかなと(^^;

  • スサイド生田

    こんにちは。そして、これから愚痴る事をお赦し下さい。

    エリシオってやっぱり、ギリシャ神話の死後の楽園「エリュシオン」からきているかもしれませんね。彼が造ってしまった感情のない世界―ある意味楽園ですね。みんな目が「死んで」ますけど。
    (ここからが本題)そう、全体的に見て、プリアラは既にキャラクターが「死んで」しまった、殺されてしまったのです。もちろん、この表現は文脈にこじつけた比喩ですが。
    結局、外見は全員が魅力的なのにも関わらず、シナリオに活かしきれず、スケジュールに押され、皆共倒れになった感じです。描き足りないならスケジュールをもっと伸ばして作品やキャラ描写を魅力的にするとか、スケジュールが決まっているなら見直しを徹底するとか、どうにかならなかったのでしょうかね。
    結果として、プリアラを評価するなら、「駄作」でも「不作」でもない、「失敗作」ですね。100点満点中40点台が妥当でしょう。
    魅力的なキャラを多く出して物語を彩る事を望んだ身としては。

    • スサイド生田さん、こんにちは!コメントありがとうございます!!

      ほーエリュシオン…そういのがあるんですね、今回のクライマックスを見るとそれが由来っぽいっですね。

      キラプリはちょっとキャラクターが多すぎてそれをうまくシナリオに活かせなかった感はありますね(;´Д`)
      厳しい評価ですが、確かにもう少し工夫できたかなーという感じは私もします。

      • スサイド生田

        おはようございます。
        あれからもモヤモヤが収まらず返信することの失礼をまずお詫び申し上げます。
        放送前は可愛い、カッコいいキャラクターが十人十色ならぬ五人五色で凄い期待があったのです。しかし、中盤辺りからキャラクターがどんどん埋もれ、終いに(メタ的な意味で)死んでしまった所感があります。それが今作を失敗作たらしめた所以です。
        でも、多少そのことについてはスタッフも薄々気づいている節が見られ、現に各個人の最終エピソードは完成度が高かったです。
        願わくは、「キラキラ☆プリキュアアラモード」が「失敗作」であっても、「駄作」と呼ばれぬことを。
        失敗作でも見ようによれば佳作にも落ち着きますからね。駄作はそれですらない。
        プリアラが無事に大団円を迎えられますように(本当はプリアラを愛して止まない)。

        • スサイド生田さん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

          確かに最初の登場は5人とも個性があり期待感がすごかったですね、その時の衝撃に比べると正直今は…という感じになってしまいますね(;´Д`)
          個人の最後のエピソードは影の薄かったひまりちゃんのストーリーも良かったので私もよかったと思います!!

          スサイドさんもプリアラが好きな気持ちが伝わってきますね。
          無事良い最終回を迎えてほしいですね(^^

  • ほのうみ のプロフィール写真 ほのうみ

    おはようございます。
    終盤見ましたが、キュアペコリン、いちか達の復活に大貢献しました。
    今回の回の間違い無くMVPです。
    しかし、ノワールとエリシオはザルですね。
    ペコリン対策は取って無かったと。
    もし、ペコリンがエリシオにやられたら、いちか達の復活は無かったです。
    ちびっ子達は大ショックでしょう。
    次回は最終決戦。
    エリシオ&ノワールの運命は?
    ノワールを倒して、エリシオを救って欲しいですが。無理かな?
    プリキュア5(GOGOじゃ無くて最初の5)の最終決戦でも、ラスボスが和解しようとしましたが、出来ませんでしたし。
    善悪は中々分かり合えない。
    スーパー戦隊シリーズでも、ジェットマンのドライヤージゲン、アバレンジャーのヤツデンワニ(そういう名前だった気が)位ですし。
    仮面ライダーシリーズでも、アマゾンのモグラ獣人、BLACK(てつを)のクジラ怪人、ゴーストの画材ガンマですかね。
    こんな感じです。
    今回は長くなりました。
    ポケモンサンも順調です。
    御三家揃えたいです。

    • ほのうみさん、こんにちは!コメントありがとうございます!!

      今回はペコリンがいなかったらプリキュアの敗北ですからね(;´∀`)
      ペコリンよくやったといいたいですね!

      流れ的にノワール様はルミエルさんと結ばれてめでたし、めでたし。
      エリシオさんは消滅しそうな流れですね(^^;

      プリ5のデスパライア様は結局倒してないですからね…
      なんとも不思議なラストだった当時の印象ですね~(面白かったですが)

      ポケモンも順調なようでいいですね(^^
      まだ御三家って登場するんですね(笑

  • スサイド生田

    おはようございます。
    朝っぱらから文句を言う無礼をお赦し下さい。

    クドクドと馬鹿の一つ覚えなワードが飛び交う―なんだかハピプリとまほプリの短所が一度に臭って来た感じでしたね。もうヤケクソなんじゃないんですかね、今作のスタッフ。まあ、「感情など無くなってしまえば良い」「寂しい世界で良いのか」という台詞にはグッと来ましたが。
    さて、まほプリは「終わりは良かったが不作」でしたが、プリアラは今回から察するに、メタ的な意味で、ワーストエンディングになりそう……。
    グダグダと馬鹿の一つ覚えな闘いになり、テンプレ通りの結末を迎えればの話ですが。
    最終回を新番宣ばかりに力を注がないことを望みます。

    • ほのうみ のプロフィール写真 ほのうみ

      スサイド生田さん、初めまして。
      ほのうみです。
      僕も気持ちは分かりますね。
      ガンダムシリーズも同じ事が言えますね。
      ガンダムシリーズは監督によって、良作か駄作なのかが決まりますね。
      昨年あった鉄血は一期が良かったのに、スタッフの暴走のせいで、二期がゴタゴタでしたし。
      監督も外部でしたし。
      これはしょうがないんです。
      他のアニメにも言えますし。
      僕も好きなアニメには文句を言いますし、気持ちは痛い程分かります。

    • スサイド生田さん、こんにちは!コメントありがとうございます!!

      うーん、ちょっとラスト2話にしてはまとまりが欠けているところもあるかもしれませんね…。
      どのようなラストになるかはまだわかりませんが、うまくまとめてエンディングぐらいはすっきりとさせて頂きたいですね(;´Д`)

    • スサイド生田

      皆様、コメントありがとうございます。
      スタッフに何があったかはわかりませんが、15作品記念が優先され、プリアラのシメがおざなりになってしまっているのでしょう、私はそう思います。

      嗚呼、考えれば考える程嫌な予感しかしない……。
      期待作(外でもないプリアラ)の反動はこれほどにも大きいのですね……。
      今回も不作判定になりそう……。
      まあワーストエンディングにならなきゃ話は別ですが。

      • うーん、それは勘弁してほしいですね…(;´Д`)
        キュアペコリンの変身バンクも手を抜いたと思えないぐらいしっかりしてましたし、
        ラストもしっかりしてると信じたいですね。

  • あさり

    ぷり夫さんこんにちは、あさりです。
    今回はまさにペコリン大活躍回でしたね(*´∀`*)
    グレイブに蹴飛ばされても負けないくらいメンタル力が強くなったような気がします。やはり大好きないちかちゃん達を助けたい気持ちが高まってプリキュアになったと思います(*´∀`*)
    TVシリーズで正規メンバー以外でプリキュアになったのはSSの霧生姉妹以来でしょうか?まあこの2人もプリキュア扱いにしていいのか微妙ですが( ̄▽ ̄;)
    あとグレイブのカードを残したのは監視役?のためなのかなと思います。
    次回は真ラスボスであるエリシオとの最終決戦ですね。何か真エリシオの姿ってマジンガーZのあしゅら男爵(例えが古くてすみません)みたいですね( ̄▽ ̄;)
    いちかちゃんはルミエルさんやノワールだけじゃなくエリシオも救うつもりなのかな?どんな形で決着をするのか楽しみですね(*´∀`*)
    ただ前回のコメントにも書きましたがまほプリみたいな前半パートで決着というのだけは勘弁してもらいたいですね( ̄▽ ̄;)

    • あさりさん、こんにちは!コメントありがとうございます!!

      ペコリンがいなかったら、感情のない世界に支配されてましたからね~
      いちかちゃんたちのためにグレイブの蹴りに必死で耐える姿が印象的でした(^^

      >TVシリーズで正規メンバー以外でプリキュアになったのはSSの霧生姉妹以来でしょうか?
      私の記憶だと多分そうだと思います。もしこの満薫にプリキュア名がついていたら、プリキュアの歴史もだいぶ変わっていたでしょうね(^^

      あしゅら男爵…さすがにマジンガーの世代ではないので、アニメは見たことないですがゲームなどで登場するところを見たことあります。
      半分男、半分女の人ですね。

      エリシオも救う感じになるんですかね~いちかちゃんならありえますが(^^;
      さすがに2年連続で同じパターンはないと思いますが…どんな最終決戦になるか楽しみですね~

  • 亀ちゃん

    皆様こんにちは
    キュアペコリンが誕生しました話でしたね
    グレイブがキュアペコリンに対して「何をする!!!?」がシックリ来るセリフでした
    チャンピオンのギャンブルフィッシュというマンガでは、主人公がラスボスに対して「何をする」と私が見つけてから、女児向けアニメでも交えられるようになった気がします
    幼稚園児向けのアイドルアニメ・(アイドルタイム)プリパラでも、昨年の10月から12月にかけてのエンディングテーマの歌手グループのメンバーが、主人公に対して「何をする!!!?」と聞き求めつけることがありましたから

    • 亀ちゃんさん、こんにちは!コメントありがとうございます!!

      キュアペコリン爆誕ですね~
      何をする!?アニメとかではよく聞きますが、現実ではまあ聞かないですね(笑
      プリパラでもやっぱりあるんですね(笑

  • あさり

    さっきのコメントで正規メンバー以外でプリキュアになったのはSSの霧生姉妹以来と書きましたが、スマプリのキャンディ(ロイヤルキャンディ)の間違いでした(^_^;)

    • ああ、そういえばキャンディがいましたね。スマプリはすべて見ていないので忘れてました(^^;

  • 山内亜利沙

    こんにちは、山内です(^_^)
    なんていうか…、ペコリンがあまりにも健気で泣きそうになりました。グレイブに叩かれたり蹴られたりしてもそれでもドーナツを守る、プリキュアに変身しても戦闘能力は高い訳では無いが、いちか達のクリスタルアニマル・アニマルスイーツを没収しようとしたグレイブを必死で止める…、もうやるべきことを必死でやっているんですよね、ペコリン。結構不遇な扱いを受けてきた彼女ですが、モフルンのように「自分も一緒に学校に行きたい」とかちょっとしたわがままとかすら1回も言って無いんですよ。そこら辺を考えると妖精の中でも上位に入るのではないかと思います(とんでもないことをする妖精とかいますし)。また、ドーナツのデコレーションの腕を上げていたのも嬉しかったですね。おつかい回の時はなんとか顔を保っているという感じでしたが、今回作ったのはお店に出してもいい程パルフェでした。
    ちなみにキュアペコリンは始めは登場させない予定だったとありますが、どうやら初期ではペコリンを6人目のプリキュアにさせる案があったそうです。ですが、ペコリンはちびっ子にお世話される妖精のままの方がいいのではないかということになり、追加プリキュアはその後新しく作った妖精キラリンに、ということになったそうです。
    次回はエリシオと最終決戦ですね(グレイブと最終決戦、と書かれているところがありますが…、修正されてたらすみません)。どうやって解決するのか気になります。

    • 山内さん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!」

      確かに健気に頑張るペコリンは今回の主役として十分すぎる役割を果たしてましたね。
      ちょっと影が薄かったですが、わがままを言わず非常に健気でかわいい要請だったと思います。

      >とんでもないことをする妖精とかいますし
      真っ先に思いつくのがプリ5無印時代のミルクですね(;´∀`)
      彼女のせいでプリキュア解散の危機などもありましたし(笑

      ほーそうだったんですね。キュアモフルンに引き続いてのという考え方でしょうかね~

      すいません、修正させて頂きました(^^;
      ラスボスの名前を間違うとはお恥ずかしい…(汗

  • スサイド生田

    おはようございます。そして、この回の記事に本日の回(第48話、2018年1月21日放送分)の感想を少し書くことと、そしてまた愚痴ることをお赦し下さい。

    もう、予想できる展開でサプライズも無い、普通の終わり方でしたね。これだけ長く展開しているのならば。
    ……で、今作の判定が決まりました。
    「キラキラ☆プリキュアアラモード」:準駄作

    詳細は、この次回の記事(本日放送分)で。

コメントを残す