スポンサーリンク

キュアフェリーチェ(花海ことは・はーちゃん)のかわいい画像まとめ



スポンサーリンク




こちらは第17話のはーちゃん。
ガーネットのリンクルストーンを落としてしまい、敵であるガメッツさんに渡してしまうというミスをして泣きじゃくるはーちゃん。

はーちゃんの泣き顔は見ていて非常に心が痛みますが、
次の第18話ではガーネットのリンクルストーンを取り戻しましたのでご安心を(^^

はーちゃんは泣き疲れて寝ちゃいましたが、普通のベッドで寝るとめちゃめちゃベッドが大きく見えますね(笑

スポンサーリンク




  

こちらは第18話のはーちゃん。
ガメッツさんが真の姿にキュアミラクル、キュアマジカルが大ピンチとなり、
小さい体でガメッツさんを必死に止めようとする姿が非常に涙を誘います…。

こんなに大きいガメッツさんを必死で止めようとするんだから、はーちゃんは非常に勇気がありますね。
そんなはーちゃんに対してガメッツさんも息で吹き飛ばすだけで、危害を加えるようなこともしませんでした。

ガメッツさんも中々の武人です(゚д゚)!

最後ははーちゃんの謎の力でリンクルスマホンが光り、キュアミラクル、キュアマジカルがパワーアップしてガメッツさんを撃破しましたね。

ガーネットのリンクルストーンを取り戻し、はーちゃんの笑顔にみらいちゃんとリコちゃんもこの表情(*´▽`*)

非常に可愛らしいはーちゃんですが、もうすぐキラキラ気になり、この姿が見られなくなってしまうのがちょっと残念かも(^^;

スポンサーリンク




ということで、本日はキュアフェリーチェ(花海ことは・はーちゃん)のかわいい画像まとめということで画像をまとめてみました。

まだキュアフェリーチェ発表になったばかりで思いの画像が少なかったですね(^^;
これからはーちゃんがキラキラ期に成長し、キュアフェリーチェに変身した後に
また画像をまとめたいと思いますので、お楽しみに!!

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

あなたのクリックが記事更新の励みになります!

コメントはお気軽に!

このキュアコンプリートでは読者様からのコメントを随時お待ちしています。

記事対する感想やこのプリキュアが好き!、プリキュアの最新情報等々…お気軽にコメントください!!

プリキュアファンの交流の場となれば幸いです(^^

コメントに関して承認制となっていますので、反映されるまで少々お待ちください。

人を不快にさせたり迷惑になるコメントに関しては削除する場合がありますので、ご了承くださいm(__)m

6件のコメント

  • カフェオーレ

    初めまして、プリキュアは初代の頃から見続けているので法則も掴めますよ。

    初代からフレッシュ迄は敵幹部が人間に化けて大切なアイテムを強奪するのを阻止する防衛戦で、ハートキャッチではプリキュアの基礎となったキャッ党忍伝てやんでえならではの怒りゲージ、スイートは共鳴によるハーモニーパワー、スマイルはお馬鹿さん、ドキドキはイヤイヤ期による敵幹部が強化、ハピネスチャージは洗脳者によるクレイジーモード、プリンセスは贅沢とチームプレイでしたが、今作の魔法使いでは大事なアイテムを守る防衛戦の他に魔法成功率と反比例する魔法干渉が関わって来るので学校生活も運動神経と学力の他に隠し科目である魔法の3つが存在します。

    プリキュアはミラクルガールズと言う運動が得意で勉強は苦手なスポーツ、勉強は得意で運動音痴なインテリに加えて文武両道な優等生と運動音痴で勉強も苦手でおっちょこちょいなドジ合わせた4つのタイプが存在するので味方を研究すると面白いです。

    変身した時のコスチュームの色によっても決まってますが、学校生活での成績は紫>青>赤>黄>白>緑>桃となってチーム編成により特性も異なります。

    敵は生存か粛清か撃破か最終決戦ではDQシリーズのスカウトモンスターと同じ命令には従わずレベルアップせずともプリキュアに助力してくれるNPCのどれかですが、妖精は敵が近付くと怯えるセンサー、戦闘中に敵に援護攻撃を仕掛けるストライカー、敵幹部が召喚する怪物を撃破するとコレクションを生み出すクリエイターと3つのタイプが居ます。

    赤いサイアークの様な悪質なエクストラモンスターを雑魚として召喚するラストボスにはグランプリンセスの様な皆の総合力を終結させた最終レベルによる合体技以外は無効化されるのでレーダーチャートでラストボスの能力を現すにしても余りにも強過ぎて長期戦は覚悟しなければならない為に壊れて測定不能と出ます。

    基本的には変身するのは飛龍の拳2って昔のファミコンゲームと同じく大型の怪物が現れた場合のみで一般人の前では変身出来ませんが、たむけんの様な特別ゲストで戦闘に参加して後方支援するお笑い芸人と七瀬ゆいちゃんの様に戦闘には参加せずとも一般人を避難させる案内人と例外も有るので勝木かなちゃんは案内人になるのでしょうか?

    • カフェオーレさん、はじめまして!!
      なんかコメントを頂ける方のお名前はドリンクの方が多いですね(^^;

      さすが初代から見ているというだけあって、戦い方まで細かく見てますね。
      私も初代から見ていますが、全部見ていないシリーズもあるので(;´∀`)

      そういえば、まほプリの戦いはリンクルストーン、スマホン等守る展開となってますね。
      今回のまほプリには魔法という要素があるので、他のシリーズとは違いここが物語に大きく影響してますね~

      確かにタイプ的にはその4つに分かれますね。
      今回のまほプリはみらいちゃんが(プチ)文武両道、リコちゃんが(ポンコツ)インテリ系といった感じでしょうか(笑

      学校生活の成績も確かにそれが近い感じがしますね。
      紫キュアはくるみにゆりと優秀タイプが多い(ポンコツもいますが(^^;)気がします。

      妖精も色々なタイプがいますね。
      基本はサポートキャラなので戦闘で活躍するのは中々ないですが、ミルクのようなミルキィローズに変身する強いキャラクターもいますからね。
      今回のはーちゃんもプリキュアに変身しますしね!

      たむけんやオードリーはお笑いの力でプリキュアをサポートしていましたね。
      個人的にお笑いは好きなので、私は嫌いな展開じゃないです(笑
      今回はかなちゃんがゆいちゃんの役目を担いそうな感じですね~
      もうそろそろかなちゃんにプリキュアってバレそうですし(´▽`)

  • カフェオーレ

    はーちゃんが最終形態のキラキラ期を経由して妖精から人間になるケースは意外でてっきり妖精のストライカーで終わると思ってましたが、毎度試練の山場となる中間地点でレジーナの様なNPCとは違ったプリキュアに覚醒するなら最後に加わるので文武両道な優等生に100%決まりなのは目に見えてます。

    運動神経抜群で勉強も出来る文武両道の優等生はチームの大黒柱なので星空みゆきちゃんの様なドジとは対極で仲間中最も多いのですが、次の3タイプに分かれてます。

    1つ目は最初の歌にも流れているオープニングで戦闘力は低くても明るく素直で友好的で序盤の内から仲間に加わります。

    2つ目は戦闘力は普通で人間系の女性敵幹部が中間地点で更生する事で覚醒するクラスチェンジですが、それ迄にこちらを散々苦しめてくれた分は敵対時の必殺技は失ってもパラメーターと記憶はしっかりと引き継いでいる為に敵対時に抱いていた憎悪の反動で罪悪感が強くなり思い詰めて僅かな間は自分一人で逃げ出して単独行動しますが、すぐに合流して翌日には敵対時の服を売り飛ばして新しい服に着替えるコスチュームチェンジして学校生活では同級生からモテモテで教師顔負けの能力を発揮します。

    3つ目は戦闘力は高いのですが、素直じゃ無いのが玉に傷で悪く誤解され易く人付き合いも悪く憎悪も半端じゃなかったり特定の物に目が無く最初の内はこちらの命令にも従わず単独行動を取り眼鏡の場合は終盤、裸眼の場合は中間地点でやっと仲間に加わります。

    はーちゃんは12話でも理科の授業で「はーい、はーちゃん分かるよ!!」と答えて咄嗟にみらいちゃんが誤魔化しましたが、リンクルストーン12個全部の力も含めてみらいちゃんとリコちゃんの弱点も補強して長所を合わせたタイプの女の子で友好的で人付き合いも良いのも目に見えてます。

    みらいちゃんは運動神経抜群で魔法干渉も約30%と低く数学以外の科目は問題無いのですが、数学だけがどうしても赤点でダメなんですよね。

    リコちゃんは裏表無い教師リズの妹だけあって数学含めた勉強は完璧で運動神経もみらいちゃん程では無く問題無いのですが、魔法干渉が約70%と高く魔法の実技だけがダメでいきなり姉の真似をする無茶な事して反省しないのが問題です。

    しかし、はーちゃんが変身した花海ことはちゃんは2人の弱点を埋め合わせ長所だけを組み合わせているので転校したら魔法界でも人間界の両方の学校でも凄まじい優等生っぷりを発揮してドキドキを土台にした超優等生による贅沢なプリンセスと互角で担任の先生も驚かせてクラスメイトからもキャーキャーされる一躍有名人となるのは大人っぽい外見含めて目に見えてますよ。

    それからイベントには試練の山場となり乗り越えると新しいアイテムか仲間が加わる中間地点の他に絶対に避けて通れず強制的に最終決戦となるクリスマスが存在して、最終決戦はシリーズによって異なります。

    • カフェオーレ、コメントありがとうございます!

      うーん、どうなんでしょうね。
      確かに優等生キャラになりそうな感じですが、それだとリコちゃんがいきなりはーちゃんが魔法とかうまくて嫉妬しちゃうかも(笑

      と思ったんですが、確かにカフェオーレさんの説明を聞くと納得ですね。
      途中から参加したプリキュアにおバカな子というのはいないですし、何より途中参加でおバカキャラというのはちょっと浮いてしまう感じになってしまいますしね(^^;

      たしかにはーちゃんこと花海ことはは2人の長所を合わせ持ったスーパーキャラになりそうです。
      でも、今までのはーちゃんを見るとすごいことをしても天然で何がすごいの?っていう天然キャラになりそう(笑

      年末年始はプリキュアは最終決戦ですもんね~
      シリーズごとにどの辺で最終決戦になるかは細かく覚えてますんが、初詣はどうがんばっても組み込めないというのは覚えてます(^^;

  • アイスココア

    ごきげんよう! 管理人さん
    アイスココアです。

    TVアニメ 魔法つかいプリキュア! 画像まとめですが
    はーちゃん(ことはさんの前)の画像まとめが来ましたね。
    とはいえこれは、第1弾かな?

    はーちゃんもいろんな表情はともかく、リンクルストーンで食べ物が登場したり、いろんなキャラになったりあの時は驚くことばかりでした。

    その後は、みらいお姉さんとリコちゃんを守ったりなど
    まるで子供が親を守るみたいな感じで凄かったね

    一番驚いたのはリンクルストーンやリンクルスマホンを自分の手で
    持った姿かな? やはり、大切なものは奪われたくないよね

    キラキラ期のまとめもコメントして見ようかな?

    お話は変わって私の劇場版ランキング[9/10~9/11]は
    劇場版アイカツスターズ! & アイカツ!―ねらわれた魔法のアイカツ!カード― V5!
    新海誠 監督 最新作 君の名は。 引き続き2位
    劇場版四月は君の嘘[実写] 3位
    ワンピースフィルムゴールド 8位
    黒子のバスケ ウインターカップ総集編―影と光― 9位
    それぞれランクアップ

    その他
    劇場版青空エール 4位キープ。

    劇場版動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!/劇場版仮面ライダーゴースト 100の眼魂[アイコン]とゴースト運命の瞬間[とき] 5位 HiGH&LOW THE MOVIE 7位 それぞれランクダウン。

    詳しい事は別記事で記載します。

    それでは、ごきげんよう!
    そしてキュアップ♡ラパパ!
    モフルンの画像まとめ第2弾のコメントは
    近いうちにしてみたいです。

    アイスココア

    • アイスココアさん、ごきげんよう!

      実質これが一番最初のはーちゃんの画像まとめということになります。
      はーちゃんの妖精の姿は本当になつかしく感じますね。

      当時は力がないながらもみらいちゃんたちを守ろう必死でしたね~
      リンクルスマホンの大きさとほぼ同じぐらいの大きさだったので、はーちゃんも本当に大きくなりましたね(シミジミ

      やはりアイカツと君の名は強いですね~

      コメントについてはいつでもお待ちしていますがで、気が向いた時にお願いします!

1件のトラックバック

コメントを残す