スポンサーリンク

HUGっと!プリキュア第7話感想ネタバレ女優薬師寺さあやちゃん!?



スポンサーリンク




人の見ている前だと極端に演技が下手になってしまいます。
どうやら過去に人にはどう思われている…という気持ちで強くなり人前では自分の演技ができなくなってしまうという弱点があるみたいですね。

そんな暗い顔はよくないと励ますはなちゃん。最後はみんなで水のかけあいをしてました。

何とも綺麗な作画でしたね(´▽`*)

今回はルールーさんが出撃するようです。クライアスの一応役職はバイトということですが、その実力はいかに。

そしてオーディション当日。大女優の娘ということをらんぜちゃんにバラされてしまうさあやちゃん。

会場はちょっとザワついてましたね。まあ、大女優の娘さんならざわつくのは無理はないか。

スポンサーリンク




さあやちゃんはこんな状態で自然な演技ができるのか…と思っていると…

スポンサーリンク




プリパッドでCAに変身し、何やらコントをしだすはなちゃんとほまれちゃん。
はなちゃんはともかくほまれちゃんがこんなことをするとは思いませんでした(;´∀`)

実はこれさあやちゃんを応援するためにオーディション会場に突入するためにとった行動のようです。
二人とも友達思いのええ子やで。

そして見せた演技は会場全員が驚くような演技。これはオーディション合格でしょうか。

そんなところに敵のルールーちゃんが出現。オシマイダーを出現させます。

オシマイダー発注のバンクは気合いが入ってましたね~さすがプリキュアになると予想されている人物です(´▽`*)

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4 PAGE 5

スポンサーリンク

あなたのクリックが記事更新の励みになります!

コメントはお気軽に!

このキュアコンプリートでは読者様からのコメントを随時お待ちしています。

記事対する感想やこのプリキュアが好き!、プリキュアの最新情報等々…お気軽にコメントください!!

プリキュアファンの交流の場となれば幸いです(^^

コメントに関して承認制となっていますので、反映されるまで少々お待ちください。

人を不快にさせたり迷惑になるコメントに関しては削除する場合がありますので、ご了承くださいm(__)m

18件のコメント

  • スサイド生田

    こんにちは。

    劇中ズーっと気になってた一条…らんせですが、まさかゲストキャラの派生でオールスターズのミッシングリンクをするとは…なんて解釈が出来ます(名前は姫の一条らんこ、雰囲気はドキの五星れいなといったところか)。まあ、話は比較的大人し目だったようですが(というよりらんせのことばっかり考えてた…ってヲイ)。

    ついつい謙譲してしまう、成長に伴い感情が邪魔して思うようにいかない、そしてあがり症…わかるなぁ〜。はなとは対を成し、さあやには共感できる、いちプリキュア視聴者としての私なのです(ほまれはどうした)。

    「キュアアンジュ、戦闘能力は最も低い」
    ルールー、言ってはならないことを……(怒)
    だが彼女は忘れていたのか知らなかったのか、プリキュアは思い次第で強くなれることを……意外に脳筋??

    ミライクリスタルはどうやら進化(?)するようです。
    ひょっとすると、一番遅く進化するのは、はなのそれかな?

    • スサイド生田さん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

      らんせというんですね、らんぜだと思ってました(^^;
      苗字も一条ということで完璧にらんこ先輩ですね。

      そういえばドキプリにもそういうキャラクターがいましたね、たしかに似てるかも

      キュアアンジュはどちらかいうと知恵を使ったサポートキュアと言った感じですからね。
      ただキュアミントのように爆発的な力を出すときがあるかもしれません。

      はなちゃんは主人公なので最後のとっておきとして進化しそうですね(^^

  • SATOSHI

    今回は、さあやの内容でしたが、母親が女優であることは、はな、ほまれも知らなかったでしょう。
    オーディションにはな、ほまれが客室乗務員の姿で入ってきた場面は、驚きでした。
    敵は、ルールーがUFOに乗って登場しましたが、プリキュアのことは、分析済みでした。
    ルールーが4人目のプリキュアになる可能性ありでしょう。

    • 乗務員今回のお話に何にも関係ありませんでしたからね(笑
      ルールーさんはもうプリキュア確定的と言ってもいいでしょう。
      余程の方向転換でもなければ(^^;

  • あさり

    ぷり夫さんこんにちは、あさりです。
    今回はさあやちゃんの過去がバレた回なのですが、親の七光りにはなりたくないのかなと思いました。さあやちゃんはひまりちゃんタイプ(人前に立つのが苦手、あまり目立たないようにする)ですね(´×ω×`)ひまりちゃんも克服しましたし、さあやちゃんも少しずつ克服してほしいですね(*´∀`*)もしプリキュアアイドルシリーズがまた出たら女優繋がりでうららちゃんとさあやちゃんで「アクトレス」というユニットを組んで欲しいです(笑)
    あと今回はさあやちゃんの両親や自称ライバル?の蘭世ちゃんと新キャラが出てきましたね。さあやちゃんのお母さんは予想通りの美人でしたね(笑)お父さんは何なくはなちゃんのお父さんと雰囲気が似てる感じがします。どうやらWikipediaだと忙しい母親の代わりに家事をやっているって事は主夫って事なんでしょうかね(´×ω×`)
    蘭世ちゃんはインパクトのあるキャラでしたね。名前といいキャラといいgoプリのらんこちゃんを彷彿とさせます(笑)
    あとルールーちゃんが初出撃しましたね。バイトとはいえクライアス社で1番手強そうな感じになりそう。発注シーンもカッコよかったです。ホントにルールーちゃんが追加戦士になるのかな(´×ω×`)今後のルールーちゃんの活躍も楽しみです(*´∀`*)
    今回は前回と同様、次回に繋がるシーンで終わりましたがあの金髪少年とほまれちゃんはどうなるのでしょうか?次回も楽しみです(*´∀`*)

  • あさり

    余談ですが、今日は3人(今回は旦那も同行)でプリキュアスーパースターズに観に行きました(*´∀`*)あまりネタバレはしたくないので軽く感想をコメントします。
    話全体としては良かったです。シリアスなシーンでは少しウルッとしました(´;ω;`)はなちゃん、いちかちゃん、みらいちゃんのピンクプリキュアチームの掛け合いや、他のメンバー達との掛け合いが面白かったです(*´∀`*)
    ドリームスターズはゲストキャラだったサクラとシズクの絆の物語でしたが、今回のスーパースターズははなちゃんとクローバーの友情物語みたいな感じでした(*´∀`*)
    娘も全力でクローバーライトを振りましたよ(笑)
    残念ながら秋映画の情報はなかったのですが、どうやら初代プリキュアが出てくるみたいですが、その頃にはハグプリチームが5人になっているのかな?
    旦那との会話で去年はドリームスターズ、今年はスーパースターズ、来年は何スターズになるのかなと話したら旦那がミラクルスターズじゃないの?と言っていました(笑)

    • あさりさん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

      さあやちゃんは確かにひまりちゃんの同じようなタイプかもしれませんね。
      ひまりちゃんも克服できたし、さあやちゃんも大丈夫でしょう(^^

      プリティストアでうららちゃんとのコラボがありそうですね~
      何気にプリキュアにはアイドルや女優、モデルと色々芸能人として活躍してる人も多いですし

      らんせちゃんは完璧にらんこちゃんを意識してますね。苗字も同じ一条みたいですし(^^;
      お母さんは女優ということで美人でしたね~まさに美魔女と言った感じでしょうか(笑

      ルールーちゃん発注シーン気合いはいってましたね。
      プリキュアになるのはほぼ確定みたいな感じみたいです(^^

      おお!スーパースターズ見に行ったんですね!
      歴代との共演、ストーリーもイイ感じと中々良さげですね~

      >娘も全力でクローバーライトを振りましたよ(笑)
      これが映画プリキュアの醍醐味ですからね、非常にいいと思います(^^

      秋映画の情報は他の読者さんにYouTubeに上がっているという情報を頂き、確認させて頂きました。
      初代が登場するということで非常に楽しみです!そのころには流石に5人になってると思いますよ!

      ミラクルスターズ…全然ありそうですね(笑

  • ほのうみ のプロフィール写真 ほのうみ

    今晩は。
    さあやさんの弱点って、人前の演技だったのかwwwww
    さあやさん、子役を辞めた理由は人前の演技に自信が無くなったのが原因でしょうか。
    子役としては致命的ですね。
    さあやさんにとって自信になったと思います。
    次回はほまれさん回。
    ロシアって、フィギュアスケートの本場wwwwwww
    ほまれさんはおそらくこの回でフィギュアスケートの意欲を取り戻して欲しいなと思う次第です。
    因みに、2002年のFIFAワールドカップの日韓大会で、サッカー日本代表が勝った相手です。

    • ほのうみさん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

      人前で演技がダメというのは女優としてちょっと致命的ですね(^^;
      今後の成長で克服すると思いますが、どのように描くか楽しみです!

      次週の回がほまれちゃんがスケート復帰するきっかけになる回となりそうですね。
      2002年ワールドカップ懐かしいですね。あの当時はみんなテレビでサッカーを見ていた気がします。
      今から16年前なんて到底思えないんですが(;´∀`)

  • 山内亜利沙

    こんにちは、山内です(^_^)
    序盤からニューキャラの一条蘭世(一瞬、一条らんこかと思いました)が登場したのでびっくりしましたが、結構いい感じのキャラだと思いました。後々、ドキプリのありすと五星麗奈のような関係がさあやとあったら面白そうと思ってます。
    今回はルールーの発注バンクの気合の入れように驚きました。明らかに他の敵幹部のバンクとは比較にならないほど絵が細かいですし、プリキュアの変身バンク以上に凝っている気もします。スタッフがどれだけ優遇しまっくっているのか一目でわかりました。
    あ、そういえば追加戦士のマシェリとアムールの画像ネタバレが出てました。アムールはもうあのキャラで確定です(^^;

    • 山内さん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

      らんせちゃん、苗字も一条ということでそっくりでしたね(笑
      性格が悪そうに見えて実はいい子なのは好感が持てます(^^

      ルールーは発注バンクは相当気合いが入ってましたね。
      この優遇ぶり…予想されるアムールの変身バンクも楽しみですね(^^

  • 西鉄6000形

    こんばんは。

    今日でルールーの登場回と
    さあやちゃんが元子役と分かった話でした。
    ルールーちゃんのプリキュアの動きの分析力、
    とても細かく分析されていました。
    僕ももし、動きを分析されたら
    「スピードは速い方だが、パワーが無さそう。」
    と言われそうですね。

    • 西鉄6000系さん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

      西鉄さんはスピード系なんですね(笑
      私の場合は運動神経皆無なので、「スピードもパワーもないゴミみたいな感じですね」
      とか言われるかな(;´∀`)

  • 亀ちゃん

    皆様こんばんは
    今日はおかやま山陽高校がある地域の隣町のスイーツショップへ買い物に行くのと、墓参り(お母様の方のご先祖様)に行くため、前半だけリアルタイムで見ました!!

    >前半は
    さあやが「私、ネギ好きだし」とボケを咬ました直後に、蘭世(ランゼ)が「そういう話をしてるんじゃないの!!」ってな感じで、ツッコミを返しました
    この時、私はフレッシュプリキュアの第6話にて、ラブが自分のお母様と親娘ゲンカしている最中に、ラブのお母様が「今そういう話をしてるんじゃないの!!」と強く言い返したことを思い出しました!!
    これがシックリ来ましたね

    >敵地ルポの際は
    ルールーが(プリキュアの)データを採って、分析しているシーンもシックリ来ました

    >女子寮の寮長のお姉様(キュアバドミントンガデス=英語でバドミントンの女神プリキュア)
    バドミントン選手のデータを採っては、対戦相手のことを女子寮の寮長である自分の妹も含めて、研究するのと似通っていますね

    >ちなみに女子寮の寮長のお姉様は広陵(広島市安佐南区)を卒業直後に
    ロンドンの公立の1年制の大学の日本の教員免許取得過程をストレートで卒業直後に、バドミントン選手としてプロ入りします
    とはいえ1年間だけ所属していたイギリス時代も、今現在の日本のプロの現役人生の中でも、プロ側から与えられた自分がやるべき練習を終えると、対戦相手のデータ採取や研究のために真っ先に寮に戻るのも特徴ですから

    >後半では
    ルールーが採取したデータを元に、打倒プリキュアのために旅立つと、トゲパパワの効力に巻き込まれたのが、(今現在まで)第1話が最初で最後になってますね
    ちなみに私のプリキュアの自作小説・ギャンブラーズプリキュアでは、キュアブルームと同い年の従姉妹プリキュア達もトゲパパワの効力に巻き込まれたのにちなんで、また第1話以来となるあの再現がある時が楽しみです

    >で、戦闘の時のルールーを見ていると
    私の予想通り、プリキュアになった時、相当頼もしい戦力になり兼ねない感じがしました!!
    ですが、プリキュアやレンジャー系の宿命通り、想定外にルールーもオシマイダーもやられましたね
    話は変わりますが、キュアエールに限らず、キュアアンジュもキュアエトワールも単独で、オシマイダーを浄化出来る必殺技があって欲しい!!と私は前々から思っているのですが…

    >今年で2年連続となるオーディションの話はあったけど
    プリキュアとして戦うために、途中で抜け出すパターンがなくて私は残念です!!
    それこそ私個人としては敵幹部がオーディションを受けているプリキュアに向けて「さぁ、出て来いキュア〇〇ッ!!」と歯切れ良くセリフを発信するのが、マジで楽しみですのに!!

    >ラストシーンでは
    HUGっと!プリキュアでは、最終決戦のまだまだ大前とはいえども、連話にて続きが気になるところで終わりましたね
    2話以上連続にて続きが気になるところで終わるプリキュアは、最終決戦の大前まででは、私の記憶にはないです!!

    >次回予告では
    野乃 はながモスクワってどこ!??と反応したのに対して、ロシアの首都とは結び付かない学力なんだなと思いました
    ちなみに私の場合は、ロシアの首都の名前が何なのか、高校時代の地理の授業で正解出来るのが、必修パターンの一角でした!!

  • hts

    子役といえば前作のプリアラはメイン中2人の中の人が元子役なんですよね。その意味ではさあやちゃんの中の人以上に前作の桃キュア/黄キュアの中の人はさあやちゃんの気持ちが理解できるかもしれませんね。

    • htsさん、こんばんわ!コメントありがとうございます!!

      子役時代があって声優になる方も結構いますよね。
      たしかミルキィローズの声優の仙台エリさんもそんな感じだった気がします。

      今は声優はアイドル的な扱いなのでこういう子役→声優っていうのは少なくなるかもしれませんね。

  • リルプリファン

    はじめまして。大阪在住のプリキュアとリルリルフェアリルのファン、リルプリファンと申します。はぐっとプリキュアの3人はどれも可愛らしく見応えがあります。

    さて、さあやちゃんはスタイルが良く綺麗な声で学業も優秀で、女優に向いていると思います。かなりのハイスペックにも関わらず自分に自信が持てないという欠点もありますが今後も頑張ってほしいと思います(子役をやっていた経験があるならなおさらです)。

    大阪地区ではサンテレビ系でプリキュアシリーズの再放送が相次いでいて昨年5月から10月にかけ「Yesプリキュア5(GOGO含む)」が再放送され当時はまだシリーズを見ておらず(プリキュアシリーズを見るようになったのは「ドキドキ」の終盤からで全話見たのはハピプリから)この再放送は有難かったです。はぐプリも一部にプリキュア5の要素を採り入れているようで、先に「5」を見ていればなおさらはぐプリが面白く感じられます。
    また3月15日からは「フレッシュプリキュア」の再放送が始まり「5」よりも格段に画質が良くなりまたフレッシュははじめての視聴ということもあり過去作ながら新作のように思えてしまいます。

    • リルプリファンさん、はじめまして!コメントありがとうございます!!

      川村さんデザインのプリキュアはデザインが可愛くていいですよね(^^

      さあやちゃんかなりのハイスペックなんですが、自身がもてないというのはちょっと意外なキャラクターでしたね。
      今後どのように自信をつけていくのか気になるところですね。

      プリ5も10年以上前の作品ですからね(;´∀`)
      イケメン要素やお店要素何かは確かにプリキュア5っぽい感じがします(^^

      そういう気持ちで見れるのはいいですね。フレプリも面白いので楽しめると思います!

コメントを残す